[企業人事部]

2019/04/22

職種別の新卒採用でミスマッチを解消し、優秀人材を獲得

 

かつて新卒採用では総合職採用が主流だったが、近年は職種別採用が注目されている。

 

ゲーム事業を中心に展開するディー・エヌ・エーは、通年で職種別採用を実施。2019年卒採用では、7職種を募集していた。特に同社が力を入れるAI人材を獲得するために、2017年には「AIスペシャリストコース」を設置。選考過程を複数設け、応募者がESではなく研究成果やプロダクトを提出することも可能にした。その後は面接や技術試験など、応募者によって異なる選考を実施。選考で高い能力、ポテンシャルが認められた応募者には、基準額を上回る初任給を設定し、内定時に提示することで入社の判断材料にしてもらっている。(労政時報より)

 

自身のキャリアを明確にすることができるため、若手社員からも職種別採用を求める声が多いようだ。日本経済新聞社と就職情報大手のディスコは、2019年1月、大学生時代にディスコが運営する就活サイトに登録し、就職活動モニターをしていた入社1~3年目の社員を対象に共同調査を実施。就職活動を振り返ってもらった結果、「職種別採用」が望ましいとする割合は42.9%で、「職種を限定しない採用」が望ましいとする割合(23.3%)を上回っている。(日本経済新聞より)

 

職種別に選考課題を設定すれば、応募者が職務に求められるスキルやポテンシャルを備えているかどうかをより詳しく確認することができる。ミスマッチによる社員の早期退職を防ぐ手立てとしても有効だろう。戦略的に職種別採用を行うことで、自社の事業に適した人材を採用しようとする企業は今後も増えていくことが予想される。

 


(『日本の人事部』編集部)

 


雇用・採用(企業人事部)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ