[社会]2021/11/16

労働力調査(詳細集計)2021年(令和3年)7~9月期平均

総務省は、労働力調査(詳細集計)2021年(令和3年)7~9月期平均の結果を公表しました。


<結果の概要>

【正規,非正規の職員・従業員】

  • 役員を除く雇用者5635万人のうち,正規の職員・従業員は3575万人と,前年同期に比べ38万人の増加。8期連続の増加。非正規の職員・従業員は2060万人と,4万人の減少。2期ぶりの減少。
  • 非正規の職員・従業員について,現職の雇用形態についた主な理由別にみると,「自分の都合のよい時間に働きたいから」とした者が663万人と,前年同期に比べ48万人の増加。「家計の補助・学費等を得たいから」とした者が381万人と,2万人の減少。「正規の職員・従業員の仕事がないから」とした者が211万人と,11万人の減少。


【失業者(失業期間別)】

  • 失業者は211万人と,前年同期に比べ13万人の減少。失業期間別にみると,失業期間が「3か月未満」の者は72万人と,22万人の減少,「1年以上」の者は68万人と,18万人の増加。


【非労働力人口(就業希望の有無別)】

  • 非労働力人口は4122万人と,前年同期に比べ50万人の減少。このうち就業希望者は243万人と,34万人の減少。
  • 就業希望者について,求職活動をしていない理由別にみると,「適当な仕事がありそうにない」とした者は84万人と,前年同期に比べ17万人の減少。


【未活用労働】

  • 就業者6685万人のうち,追加就労希望就業者は222万人と,前年同期に比べ3万人の増加。
  • 非労働力人口4122万人のうち,潜在労働力人口は36万人と,前年同期に比べ7万人の減少。
  • 未活用労働指標の中で,最も包括的に未活用労働を捉えた未活用労働指標4(LU4)は6.8%と,前年同期に比べ0.2ポイントの低下。


◆詳しくはこちらをご覧ください。

(総務省 /11月9日発表・報道発表より転載)


行政・法律(社会)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ