[社会]2019/12/04

2018 年度福利厚生費調査結果の概要

一般社団法人日本経済団体連合会「2018 年度福利厚生費調査結果の概要 」の調査結果を発表しました。

 

1.2018 年度に企業が負担した法定福利費は、現金給与総額の伸びなどにより、前年度比3.9%増の1人1ヵ月当たり88,188円(過去最高額)。
2.法定外福利費は、2万5千円台を回復。運動会などの社内レク活動の高まりの影響を受け、文化・体育・レクリエーションの「活動への補助」が大幅な伸びを示す。


1.調査要領

調査目的
福利厚生費の実態を把握し、今後の福利厚生を含む人事・労務管理の運営に資することを目的に、1955年度から毎年実施
調査対象期間
2018年度(2018年4月~2019年3月)
調査対象企業
経団連企業会員および同団体会員加盟の企業1,720社
回答企業数
625社(有効回答率36.3%、前年度658社)。うち製造業が281社(前年度293社)、非製造業が344社(同365社)
回答企業の労務構成
1社当たり平均従業員数4,644人(前年度4,661人)平均年齢42.1歳(前年度42.0歳)


2.調査結果の概要

企業が負担した福利厚生費(法定福利費と法定外福利費の合計)は、従業員1人1ヵ月平均113,556円(前年度比4.8%増)となり、過去最高額となった。福利厚生費のうち法定福利費は、現金給与総額の伸び(573,765円、同2.7%増)などにより、88,188円(同3.9%増)と、同じく過去最高額となった。また、法定外福利費は、25,369円(同8.2%増)と大幅増となり、2万5千円台を回復した。

①法定福利費
健康保険・介護保険は32,429円(前年度比 4.2%増)、厚生年金保険48,989円(同3.4%増)となった。労災保険料率の見直しのあった雇用保険・労災保険は、現金給与総額の伸びを下回り、5,184円(同1.2%増)となり、料率改定のあった子ども・子育て拠出金は、1,508円(同27.6%増)と大きく増加した。

②法定外福利費
多くの項目で増加。その中でも文化・体育・レクリエーションの「活動への補助」が1,361円(同28.0%増)と大幅に増加した。保養所などの費用である「施設・運営」は763円(同7.3%増)と、法定外福利費総額の伸びとほぼ同じであり、運動会などの社内レク活動の高まりの影響を受け、「活動への補助」の費用が2011年度に「施設・運営」を逆転して以降、その差は最大となった。

 

◆本調査の詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(一般社団法人日本経済団体連合会/11月19日発表・同法人プレスリリースより転載)


教育・オピニオン(社会)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ