[書籍]

2019/07/10

「治療と職業生活の両立支援」と「健康経営」のために~『プレゼンティーイズム――その意義と研究のすすめ』(武藤孝司:著)星和書店より刊行

株式会社星和書店は、武藤孝司:著『プレゼンティーイズム――その意義と研究のすすめ』を刊行しました。


■内容紹介

近年、わが国でも病気を持つ労働者の増加によりプレゼンティーイズム(狭義は「健康問題に関連した労働生産性損失」)への関心が高まってきている。今後、高齢者の増加、がん等の治療の進歩による辞職しない人の増加、うつ病・適応障害・発達障害などの増加により、さらなる増加が予想される。本書は、プレゼンティーイズムを「健康問題を持ちながら出勤している状態」と広く捉え、この状態が労働者個人やその家族、企業、社会にとってどのような意義を有するのか、という広い視点からみることを提唱する。そして、これまでの主に欧米の研究をわかりやすく紹介しながら、プレゼンティーイズムの意義とわが国での研究の必要性を具体的に説く。プレゼンティーイズムに関心をもつすべての人に。


■本書の概要
プレゼンティーイズム――その意義と研究のすすめ
著者:武藤孝司
価格:本体2,600円+税
発売日:2019年6月18日
ISBN:ISBN978-4-7911-1018-6
ページ数:148頁
判型:A5判 上製


■目次(一部抜粋)
第1章   プレゼンティーイズム研究の歴史
第2章   プレゼンティーイズムの定義
第3章   プレゼンティーイズムの測定方法
第4章   健康問題を持ちながら出勤する理由
第5章   健康問題を持ちながらの出勤の影響
第6章   疾患とプレゼンティーイズムとの関連
第7章   生活習慣とプレゼンティーイズムとの関連
第8章   プレゼンティーイズムへの対応策
第9章   疾患ごとのプレゼンティーイズム対策
第10章 プレゼンティーイズム研究の課題
第11章 プレゼンティーイズム研究のすすめ


■著者紹介
武藤孝司(むとう たかし)
獨協医科大学名誉教授、栃木産業保健総合支援センター所長。新潟大学医学部卒業。医師、医学博士。日本産業衛生学会指導医。慶應義塾大学医学部講師、順天堂大学医学部助教授、獨協医科大学医学部教授を経て現職。専門は公衆衛生学、産業保健。

 

◆書籍の詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社 星和書店 http://www.seiwa-pb.co.jp/index.html / 6月発表)


その他(書籍)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ