[書籍]2016/02/15

『個人を幸福にしない日本の組織』(太田 肇:著)新潮社より発刊~「職場」「人事」「大学入試」「PTA」…。報われないのはワケがある~

株式会社新潮社は、太田 肇:著『個人を幸福にしない日本の組織』を刊行しました。

 

昔ながらの「日本の組織」はもはや限界である。強い同調圧力や過剰なコンプライアンスゆえに、組織に属す個人の人格や個性を抹殺し、ストレスを増しているのだ。〈組織はバラバラなくらいがよい〉〈厳選された人材は伸びない〉〈大学入試に抽選を取り入れよ〉〈PTAや町内会は自由参加でよい〉……従来の組織論の間違いや欠点を徹底的に追及。個人を尊重する仕組みに変える画期的提言を示す。

 

個人を幸福にしない日本の組織
著者: 太田 肇
発行:株式会社新潮社
発売日: 2016年2月17日
定 価: 799円
サイズ:新潮新書 222ページ
ISBN: 978-4-10-610656-9

 

■目次
第一章 組織はバラバラなくらいがよい
 一 なぜ、「見せかけの勤勉」がはびこるのか
 二 こんなチームワークはいらない
第二章 年功制が脳を「老化」させる
 一 「35歳限界説」を捏造した真犯人
 二 パラサイト・ミドルを救え!
第三章 管理強化が不祥事を増やす
 一 過剰管理こそ不祥事の温床
 二 管理と依存の悪循環を断つには
第四章 厳選された人材は伸びない
 一 公募で逸材が採れないわけ
 二 「選ばない」という見識
第五章 大学入試に抽選を取り入れよ
 一 競争試験はなぜダメか
 二 入学者選抜に抽選を取り入れる
 三 大学は組織でなく、インフラに
第六章 地方分権でトクをするのはだれか?
 一 地方創生の死角
 二 トクをするのはだれか?
第七章 PTAや町内会は自由参加でよい
 一 人々を遠ざける無用な壁
 二 民主化の三原則
 三 意欲に応じた参加のモデル
むすび 組織と社会の構造改革を!

 

■著者紹介
太田 肇(オオタ・ハジメ)
1954(昭和29)年兵庫県生まれ。同志社大学政策学部教授。神戸大学大学院経営学研究科修了。経済学博士。専門は個人を尊重する組織の研究。『個人尊重の組織論』『承認欲求』『公務員革命』『がんばると迷惑な人』など、著作多数。講演やメディアでの登場も多い。

 

◆書籍の詳細は、こちらをご覧ください。

株式会社新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/ /2月発表・同社プレスリリースより転載)


組織開発(書籍)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ