[社会]

2017/08/10

1,349企業に対し、合計127億2,327万円の賃金不払残業代の支払いを指導~『平成28年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果』(厚生労働省)

厚生労働省は、このたび、平成28年度に時間外労働などに対する割増賃金を支払っていない企業に対して、労働基準法違反で是正指導した結果を取りまとめましたので公表します。

これは、全国の労働基準監督署が、賃金不払残業に関する労働者からの申告や各種情報に基づき企業への監督指導を行った結果、平成28年4月から平成29年3月までの期間に不払いだった割増賃金が各労働者に支払われたもののうち、その支払額が1企業で合計100万円以上となった事案を取りまとめたものです。

監督指導の対象となった企業では、定期的にタイムカードの打刻時刻やパソコンのログ記録と実働時間との隔たりがないか確認するなど、賃金不払残業の解消のためにさまざまな取組が行われています。(別紙3参照)

厚生労働省では、引き続き、賃金不払残業の解消に向け、監督指導を徹底していきます。

 

【平成28年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果のポイント (詳細別紙1、2)

(1) 是正企業数 :1,349企業 (前年度比 1企業の増)
    うち、1,000万円以上の割増賃金を支払ったのは、184企業

(2) 支払われた割増賃金合計額 :127億2,327万円 (同 27億2,904万円の増)
(3) 対象労働者数 :9万7,978人 (同 5,266人の増)
(4) 支払われた割増賃金の平均額は、1企業当たり943万円、労働者1人当たり13万円  

※これまでの「監督指導による賃金不払残業の是正結果」は、こちらから参照できます。

 

【別紙1-1】100万円以上の割増賃金の遡及支払状況(平成28年度分)(PDF:123KB)
【別紙1-2】1,000万円以上の割増賃金の遡及支払状況(平成28年度分)(PDF:135KB)
【別紙2】100万円以上及び1,000万円以上の割増賃金の遡及支払状況(過去10年分)(PDF:207KB)
【別紙3】賃金不払残業の解消のための取組事例(PDF:422KB)

 

【照会先】
労働基準局 監督課
課長 増田 嗣郎
労働基準監察室副長 黒部 恭志
(代表電話) 03(5253)1111 (内線5426)
(直通電話) 03(3595)3203

 

◆ 詳しくはこちらをご覧ください。

(厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp// 8月9日発表・報道発表より転載)


行政・法律(社会)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


関連情報

講演&交流会レポート

日本の人事部 HRスクール

知見と提案力を鍛える人材業界向け講座。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HR人材紹介
HRリーグ