[グローバル]

2018/12/12

⽇本のCHROの84%が、過去3年間でCHROの役割がより戦略的なものへとなってきていると回答(各国平均:74%)。87%が人事テクノロジーで入社プロセスを効率化できると回答(各国平均:64%)~『CHROを対象とした意識調査の国際比較』:ServiceNow Japan

ServiceNow Japan株式会社(本社:東京都港区、社長:村瀬 将思 以下、ServiceNow Japan)は本日、英国Oxford Economics社との共同調査レポート「CHROの視点:アジア太平洋地域~従業員へのサービスがビジネスの価値を牽引する~」を発表しました。本調査は、日本を含む12カ国、500人(うち日本人は45人)の最高人事責任者(Chief Human Resources Officer、CHRO)を対象に実施されました。

調査の結果明らかになったのは、テクノロジーがもたらす優れた従業員サービスが、より良い人材を獲得し、定着させるうえで重要な要素となっていることです。また、優秀な人材は、日常生活をさらにシンプルかつ便利にするようなデジタル体験を従業員サービスにも求める傾向も示されています。

本調査での⽇本のCHROの主な回答結果は以下の通りです。

- 84%が、過去3年間でCHROの役割がより戦略的なものへとなってきていると回答(各国平均:74%)
- 22%が、多くの人事プロセスの自動化と他のビジネス機能とのコラボレーションを体系化し、従業員に直接情報を伝える人事プラットフォームを使用(各国平均:14%)
- 87%が、人事テクノロジーで入社プロセスを効率化できると回答(各国平均:64%)
- 80%が、職務上の枠を超えたコラボレーションを簡素化するプラットフォームは生産性を牽引し、従業員サービスを向上させると回答(各国平均:67%)

また、人事戦略を推進するにあたり、ほとんどのCHROが十分な投資を行えていない現状も明らかになりました。

- わずか2%のみが、分析技術に「十分」または「多くの」投資を行っていると回答(各国平均:16%)
- 人事タスク/プロセスの約31%のみを自動化していると回答(各国平均と同じ)

一方で、日本のCHROは今後の投資に非常に前向きという結果も明らかになりました。これは、パーソナライズされた、予測可能でシームレスなデジタルテクノロジーがもたらす従業員サービスの向上が、人事におけるデジタルトランスフォーメーションの一番の目的であることを証明しています。

- 31%が、今後3年間にわたってビッグデータへの投資を計画(各国平均:16%)
- 42%が、今後3年以内に入社プロセスの自動化を計画(各国平均:27%)
- 40%が、今後3年以内に従業員を定着させるためのプロセスのデジタル化を計画(各国平均:23%)


その他の参考情報
「CHROの視点:アジア太平洋地域~従業員へのサービスがビジネスの価値を牽引する~」のダウンロードはこちら


<調査方法>
ServiceNow, Inc.は本調査を英国Oxford Economics社へ委託し、オーストラリア、フランス、ドイツ、イタリア、日本、オランダ、ニュージーランド、シンガポール、スペイン、スウェーデン、英国、米国に拠点を置くB2BならびにB2C企業の500名のCHROに対して電話調査(CATI)にて実施しました。Oxford Economics社は、オックスフォード大学ビジネスカレッジとのジョイントベンチャーとして1981年に設立されました。エビデンスに基づくソートリーダーシップ、予測、経済効果分析を専門にしています。


<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ>
ServiceNow Japan株式会社 Corporate Communications
安藤 郁美
Tel: 03-4572-9204
E-mail: ikumi.ando@servicenow.com

ServiceNow広報担当 PR代理店 ウェーバー・シャンドウィック
大城/下出
Tel: 03-5427-7384(大城)/ 7360(下出)
E-mail: servicenow-jppr@webershandwick.com

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ServiceNow Japan株式会社 https://www.servicenow.co.jp/ /12月12日発表・同社プレスリリースより転載)


調査(グローバル)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ