[社会]

2017/10/11

働き方の多様化進む 企業に求められるフリーランスの活用とは

働き方が多様化する中で、特定の企業・団体などに所属せずに働く「フリーランス」に注目が集まっている。

 

ランサーズ株式会社が今年3月に発表した調査によると、日本における広義のフリーランス数は前年同時期と比較して約58万人増加し、推計1,122万人(労働力人口の17%)に達した。しかし、フリーランスとして独立しても、「なかなか仕事が見つからない」「収入が安定しない」「社会的信用が得づらい」など、多くの人が課題を抱えているのが実状だ。

 

こうした声を受け、フリーランスが働きやすい環境づくりに向けた取り組みも進みつつある。公正取引委員会は今月から、フリーランスが取引上の力関係が弱いことを理由に不利な契約を押し付けられていないかなどの調査を開始する。今後は人材が企業による優越的地位の乱用行為を受けないよう、競争当局としての考え方をまとめる方針だ(日本経済新聞より)。

 

アメリカでは、フリーランスとして働く人が約三人に一人にものぼるという。その背景には、固定費を抑えながら知識やスキルを持った人材を活用できるとして、フリーランスを積極的に雇用する企業の動きがある。これによってフリーランサーたちは多くの仕事を獲得し、それが社会的信用を得ることにもつながっている。今後、人材不足が深刻化する中で、日本企業によるフリーランサーの活用がどのように進むのか、それによってフリーランスの働き方がどれほど浸透するのか、動向が注目される。

 

 

(『日本の人事部』編集部)


行政・法律(社会)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


関連情報

講演&交流会レポート

日本の人事部 HRスクール

知見と提案力を鍛える人材業界向け講座。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HR人材紹介
HRリーグ