HRソリューション業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

「グローバル・ストラテジー・アクセラレーター」
――企業の戦略実行を加速させる、人材・組織開発のプロフェッショナル

サイコム・ブレインズ株式会社 代表取締役 

西田 忠康さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客企業の人材開発をトータルで支援する会社を目指す

それでは、現在のサイコム・ブレインズの事業概要を教えていただけますか。

基本的にはタレントマネジメントの一連の流れの中で「タレントデベロップメント」を手がける会社です。採用支援や人事評価支援は行っていません。また、単なる研修会社でもありません。研修が中心ではあるのですが、どういった方々に学習機会を提供するべきかを検討・議論する段階から参画します。対象者が決まったら、継続的に学習する枠組みとプロセスをデザインし、リソースをコーディネート。その後の実行支援まで行っています。

支援先の多くは、グローバル競争に立ち向かっている大手企業。大体の業種のリーディングカンパニーは、私たちの顧客と言っていいのではないでしょうか。クライアントは人事部長や経営企画部長など、事業部門のトップの方々です。

西田 忠康さん(サイコム・ブレインズ株式会社 代表取締役)

現在、貴社が特に注力されていることを教えてください。

二点あります。一つ目は学び方改革です。具体的には、ブレンデッドラーニング(複合型ラーニング)を広めています。eラーニングだけでもなく、普通の集合研修だけでもありません。それらを組み合わせることで仕事の質を高め、成果を上げる学習法です。より多くの人が参加できますし、より深い内容を効率的に学べます。並行して、越境型学習などイノベーション志向のプログラムの充実も図っています。

二つ目はビジョン・戦略の世界展開支援です。当社は、講師やファシリテーター、メンター、コーチなど、豊富な経験や能力を兼ね備え、学習者を啓蒙できる人材のグローバルなネットワークを持っています。グローバルな施策の実行はオペレーションが難しくなりがちですが、当社には長年海外で研修をコーディネートしてきたノウハウの蓄積があるので支援が可能です。また、グローバルなビジョン・戦略の浸透という目標は同じでも、国によって目標達成の手段が異なります。言語の違いだけでなく各国の文化的価値観によって、動機づけやエンゲージメントのパターンが違うからです。そうした異文化に対応したカスタマイズやコーディネーション、マネジメントも私たちの強みです。当社が誇るグローバル・ロールアウトのリソースと手法を用いて、顧客企業のグローバル戦略の加速化を支援しています。当社ではこれを「グローバル・ストラテジー・アクセラレーター」と呼んでいます。

グローバル戦略を加速するには、より多くの人たちが新しい波に参加しなければいけません。「本社で決めたんだから、各国の現地法人もその通りにやりなさい」では通用しないのです。新しいビジョンや戦略を社員全員が理解し、個々の役割・アクションに落とし込んでいくには、何らかの仕掛けづくりが必要です。例えば、国ごとにワークショップを開催し、各国の目線で議論すること。あるいは個人やグループがアクションプランを立て、後でその達成や進捗をたたえることなどです。そうした仕掛けを広めるお手伝いをしています。また中期経営計画や戦略的M&Aのアナウンスメントがなされたら、それをグローバルなレベルで共有するために必要な施策のお手伝いも行っています。

経済がグローバル化しているだけに、貴社に対する顧客企業からの期待も高まっているのではありませんか。

さすがに、同業他社も海外の体制を強化して経験も積んでこられているので、私たちだけが抜きん出ているわけではありません。ただ、私たちは自前主義ではなく、オープンに仕事をする文化があることをアピールしたいですね。国内外のさまざまな会社や専門家と協力しながら事業を展開しています。

西田社長が会社経営をする上で大切にされていることは何ですか。

私たちのような会社が何を誇るべきかというと、社員だと思っています。指示されたことをやるだけではなく、皆がやりたいことをやるほうがいいに決まっています。だから、社員にはいつも「あなたは何をやりたいの?」と聞くようにしています。やりたいことができるように、会社として投資を検討したり、支援したりすることが必要です。成果に対するこだわりはそこから生まれてきます。

また、我々はプロフェッショナルであることが求められます。お客様からうかがったプランをただうのみにして実行するのでは、単なる外注先でしかありません。お客様が検討されている施策の目的と背景をきちんとうかがって、「それならこれをやるべきでは?」「このほうがベターです」と提案できなければならない。そこに我々の価値があると思っています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HRソリューション業界TOPインタビュー 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ