ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパンロゴ

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン

米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において、ATDの情報発信や委員会活動などを通じて、グローバルに通用する人材開発・組織開発の支援を行っている。

人材開発・組織開発で、日本と世界とのつながりを強め、
人の成長に関わる知的ネットワーク社会の実現を支援する

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン 副代表
中原 孝子さん
ASTD(American Society for Training & Development=米国人材開発機構)は、1944年に設立された非営利団体で、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置く、世界最大の人材開発・パフォーマンスに関する会員制組織である。その日本支部であるASTDグローバルネットワークジャパンは、ASTDの情報発信などを含め各種の活動をボランティアで運営している。ASTDグローバルネットワークジャパン会長である中原孝子さんに、団体設立の趣旨や活動内容、業界に向けてのメッセージなどを聞いた。
※ASTDはATDに名称が変わりました。

人材開発のグローバルスタンダードを日本で共有する

― 米国のASTDの概要を簡単にお聞かせください。

中原 孝子さん photoASTDは現在、世界中で約160の支部と約6万5000人の会員が所属しており、人材開発・組織開発の分野において、カンファレンスやセミナーの開催、出版、認証活動などを大規模に行っています。企業、大学、コンサルタント、トレーニングファーム、教育機関、行政体など幅広い分野から多くの人々が参加し、相互交流を行っており、そこから発信される情報は世界の人材開発・組織開発の向上に貢献しています。

最近のカンファレンスへの参加状況を見ると、インターナショナルの会員が4分の1を占めており、米国以外の国の会員が増えているのが特徴です。グローバル対応が組織の大きな課題として存在する現在、ASTDではインターナショナルの会員獲得に力を入れています。人材開発には国境がありませんし、各国の法律に細かく縛られることもありません。だからこそ、グローバルな動きがとても活発化しています。ところが、それに対して一番遅れているのが日本企業なのです。

― ASTDグローバルネットワークジャパンの概要と設立趣旨についてお聞かせください。

ASTDのカンファレンスには、韓国をはじめアジアの国々からは何年も前から多数の方が参加されていたのですが、日本からの参加者は少なく、ASTD自体があまり認知されていませんでした。ASTDは世界最大の人材開発の組織であり、アカデミックな分野も含めて、グローバルスタンダードの情報を届けてくれる存在です。このように存在意義のあるASTDの認知度を、日本で高めたいという狙いがまずありました。

また、日本では企業、アカデミズム、コンサルタント、教育界がそれぞれ独自に人材開発や組織開発への探求や情報交換を行っていますが、垣根を越えて広く交流を行うことができる場は少ないのが現状です。そこで、人材開発におけるグローバルスタンダードを共有したいという思いから始めたのが、ASTDグローバルネットワークジャパンです。

― ASTD グローバルネットワークジャパン の主な役割・活動はどのようなものですか。

私たちの団体はNPO組織で、ボランティアで運営しています。会合の度に皆で会費を出し合い、その中から運営費を出しながら、手弁当で研究会や啓蒙活動を行っています。理事会のメンバーが毎月1回集まって、活動の方向性策定、国内外のイベント支援など、さまざま活動を行っています。

■ASTD グローバルネットワークジャパンの主な活動
研究支援活動
人材開発、組織開発に関する各種テーマで勉強会、委員会を開催、または開催団体を支援します。
認証支援活動
ASTDサーティフィケイト・プログラムを、日本国内で発足させる活動を支援します。
国内外イベント支援活動
ASTDに関する国内外のイベント活動を支援します。
国内: シンポジウム、各種イベントの企画・主催・共催・協賛・協力
海外: USの国際カンファレンスへのデリゲーション協力
出版支援活動
出版翻訳を行っている活動に協力し、ASTDグローバルネットワークジャパンが出版物を奨励します(将来の予定)。

― ASTD グローバルネットワークジャパンが今、力を入れている活動は何でしょうか。

中原 孝子さん photo 研究支援活動としての、委員会の開催です。実態としては自主的な勉強会であり、現在、以下の七つの分野で勉強会を行っています。ASTDグローバルネットワークジャパンだからこそ開催可能な勉強会をスタートさせました。各勉強会には、12人~13人から25人~26人の会員が毎月集まって、自主的に意見交換を行う一方、年に1回、研究報告会を開催しています。

「OD(組織開発)委員会」「リーダーシップ委員会」「HPI委員会」「タレントマネジメント委員会」を順次発足させ、新たに2011年の秋からスタートしたのが「ソーシャルラーニング研究会」「モチベーションマネジメント研究会」「CPLP勉強会」です。それぞれの委員会では、その方法論だけでなく、テーマを決めてリサーチ活動や企業の中での実践をどうやって推進していくかなどを中心に勉強会を行っています。

また、グローバルで人材開発の基本として勉強されている知識を体系的にお伝えしたいという目的で、ASTDのベーシックシリーズの日本語版の刊行も始めました。ベーシックシリーズ最初の本が、アジアの新興国を始めグローバルでは実施されているものの、日本ではまだ全くと言ってよいほど理解が進んでいない分野でもあるパフォーマンスコンサルティングに関連した『HPIの基本』(ヒューマンバリュー、2011年12月1日発刊)です。HPIとはヒューマン・パフォーマンス・インプルーブメントのことで、この本では、研修だけにとらわれない人材開発の本来目的である「パフォーマンス」を達成するための分析から実施・評価までの方法について紹介しています。「成果・結果」を導くための必要条件を明確にし、その支援の観点から人材・組織の開発に貢献するための方法論です。

業界は、グローバルスタンダードを目指す人事の戦略パートナーへ

― ASTDグローバルネットワークジャパンの今後の展望をお聞かせください。

2011年11月には、シンガポールでアジア・パシフィックを対象としたASTDのカンファレンスが開催され、私はスピーカーとしてプレゼンテーションを行ってきました。米国本国で行われる国際カンファレンスでも積極的にプレゼンテーションの機会を作るように心がけているのですが、このような場でのプレゼンテーションを行うと、実際、日本に対する期待はものすごく大きくあると実感します。

今まで日本ではこのような場へと積極的に出ていく人があまりいませんでした。その結果、日本の「人」や「組織」としてのプレゼンスは、ほとんど認識されていません。製品や会社名では相応のプレゼンスはありますが、「日本のあの企業に行けば、自分自身にとってとても良いキャリアになる」と思われるようなイメージを持たれる会社は、非常に少ないのが現状です。

ですから、組織としての日本企業のプレゼンスを高め、グローバルに優秀な人材を確保でき、競争力が認められるような人材開発の活動を支援していくのが我々の役割だと認識しています。そのためにも、ASTDの国際カンファレンスに、日本からのスピーカーをもっと増やす活動を進めていきたいと思っています。

― 業界(教育研修・人材開発会社)の企業やビジネスパーソンへのメッセージをお願いします。

日本企業の人事担当者は今、謙虚にグローバルスタンダードを直視し、それに対応したスキルを身につけるべき時期に来ているのではないでしょうか。また、日々のオペレーション業務のみを行っている状況で満足しているわけではないと思います。そこで、教育研修・人材開発会社が、そんな人事担当者のスキルアップの支援を行い、人事部門の戦略パートナーとなるべく、提案ができる能力、組織課題を分析できる能力を身に付けていくことが必要だと思います。

(2011年12月21日 東京都・港区にて)

中原 孝子(なかはら こうこ)●2002年、人材開発機能の運営・支援等を行う株式会社 インストラクショナル デザインを設立。現在、ASTDグローバルネットワークジャパン、米ASTDをはじめ、国際カンファレンスでのスピーカーを多数務めるなど、グローバルに活躍中。人材関連専門誌への寄稿記事も多数。2011年、ASTD グローバル ベーシック シリーズ『HPIの基本』(ジョー・ウィルモア)を翻訳。


HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


関連情報

講演&交流会レポート

日本の人事部 HRスクール

知見と提案力を鍛える人材業界向け講座。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HR人材紹介
HRリーグ