[人事サービス]2021/11/18

社内DX推進における効果に関する実態調査

部長職以上の管理職6割以上が効果を実感テレワーク、バックオフィス、マーケティング、営業活動において共通して「業務効率・生産性が上がった」と回答

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)は、全国600名の経営者・役員、部長クラス以上のビジネスパーソンを対象に「社内DX推進における効果に関する実態調査」を実施しました。
 

2021年9月1日にデジタル庁が発足し、国や企業がDX推進に取り組んでいる中、今回は推進に取り組んでいる企業が実際にどれくらい効果を感じているのかを調査しました。

調査の結果、「テレワークの促進」に関して効果を感じていると回答した人が84.3%と最も高く、「バックオフィスにおけるDX」は78.4%、「マーケティングにおけるDX」は73.5%、「営業活動におけるDX」は67.7%と、どの取り組みにおいても効果を感じていると回答した人は6割を超えました。また、効果を感じた理由については、全ての取り組みに共通して「業務効率・生産性が上がっているから」がTOP3に入る結果となりました。

■「社内DX推進における効果に関する実態調査」概要
調査期間:2021年9月14日(火)~9月16日(木)
調査方法:インターネット定量調査
調査対象:DX推進に取り組んでいる従業員50名以上の会社に勤める
部長クラス以上の会社員、経営者・役員600名(20代以上・男女)
※本リリースの調査結果をご利用いただく際は、【パーソルプロセス&テクノロジー 調べ】とご明記ください。
 
<調査結果サマリ>
■社内DX推進に関して、84.3%が「テレワークの促進」に効果を感じていると回答。
「バックオフィスにおけるDX」においても78.4%が効果を感じていることが明らかに。

■「テレワークの促進」について効果を感じている理由は以下の順位となった。
第1位「通勤・移動コストを削減できたから(81.3%)
第2位「業務効率・生産性が上がっているから(45.2%)」
第3位「従業員の満足度が高いから(39.5%)」

■「バックオフィスにおけるDX」について効果を感じている理由は以下の順位となった。
第1位「業務効率・生産性が上がっているから(68.3%)」
第2位「業務処理が円滑に進むようになったから(49.8%)」
第3位「業務管理がしやすくなったから(43.6%)」

■「マーケティングにおけるDX」について効果を感じている理由は以下の順位となった。
第1位「業務効率・生産性が上がっているから(69.2%)」
第2位「顧客管理ができるようになったから(48.8%)」
第3位「既存顧客へのアプローチがしやすくなったから(42.4%)」

■「営業活動におけるDX」について効果を感じている理由は以下の順位となった。
第1位「業務効率・生産性が上がっているから(56.6%)」
第2位「移動コストを削減できたから(47.8%)」
第3位「顧客管理がしやすくなったから(45.6%)」


■調査結果

Q1: 社内DX推進において取り組んでいることは何ですか?
社内DX推進における取り組みとして83.7%の企業が「テレワークの促進」を実施。また、「バックオフィスにおけるDX」も約半数が実施しており、続いて「営業活動におけるDX」、「マーケティングにおけるDX」の順に多い結果となりました。
 

Q2:社内DX推進のために実施している取り組みに対して効果を感じていますか?
今回調査した領域におけるすべての取り組みに対して6割以上が「とても効果を感じている」もしくは「少しは効果を感じている」と回答。その中でも「テレワークの促進」が最も多く8割を超える結果に。また、「バックオフィスにおけるDX」及び「マーケティングにおけるDX」もそれぞれ7割以上が効果を実感している結果となりました。


Q3-1:「テレワークの促進」について効果を感じている理由は何ですか? 
「通勤・移動コストを削減できたから」と回答した人が81.3%と最も多く、続いて「業務効率・生産性が上がっているから」と回答した人が多い結果となりました。また、「従業員の満足度が高いから」という理由から効果を感じている人も多く見受けられました。

【効果を感じている理由TOP3】
第1位「通勤・移動コストを削減できたから(81.3%)」
第2位「業務効率・生産性が上がっているから(45.2%)」
第3位「従業員の満足度が高いから(39.5%)」
 

Q3-2:「バックオフィスにおけるDX」について効果を感じている理由は何ですか?
「業務効率・生産性が上がっているから」と回答した人が68.3%と最も多く、続いて「業務処理が円滑に進むようになったから」49.8%、「業務管理がしやすくなったから」43.6%という結果になりました。

【効果を感じている理由TOP3】
第1位「「業務効率・生産性が上がっているから(68.3%)」
第2位「業務処理が円滑に進むようになったから(49.8%)」
第3位「業務管理がしやすくなったから(43.6%)」

 

Q3-3:「マーケティングにおけるDX」について効果を感じている理由は何ですか?
「業務効率・生産性が上がっているから」といった理由の他、「顧客管理ができるようになったから」や「既存顧客へのアプローチがしやすくなったから」などマーケティング活動のDXを推進することで良い効果を感じている人が多く見受けられました。

【効果を感じている理由TOP3】
第1位「業務効率・生産性が上がっているから(69.2%)」
第2位「顧客管理ができるようになったから(48.8%)」
第3位「既存顧客へのアプローチがしやすくなったから(42.4%)」
 

Q3-4:「営業活動におけるDX」について効果を感じている理由は何ですか?
他の取り組み同様、「業務効率・生産性が上がっているから」と回答した人は56.6%と最も多い結果となりました。また、「移動コストが削減できたから」や「顧客管理がしやすくなったから」といった理由から効果を実感している一方で、「顧客満足度が上がっているから」は3割も満たない結果となりました。

【効果を感じている理由TOP3】
第1位「業務効率・生産性が上がっているから(56.6%)」
第2位「移動コストを削減できたから(47.8%)」
第3位「顧客管理がしやすくなったから(45.6%)」


◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(パーソルプロセス&テクノロジー株式会社/11月4日発表・同社プレスリリースより転載)


人材育成・研修(人事サービス)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ