[社会]2021/07/15

従業員エンゲージメント市場に関する調査を実施(2021年)

2020年の従業員エンゲージメント診断・サーベイクラウドの市場規模は、前年比124.8%の38億2,000万円
~リモートワークの広がりを受けて、従業員のメンタルヘルスをケアするために日々の状態を把握できるサーベイの需要が増加~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、国内の従業員エンゲージメント市場を調査し、参入企業の現況や動向、市場の課題と展望を明らかにした。ここでは、従業員エンゲージメント診断・サーベイクラウドの市場規模について、公表する。


1.市場概況
2020年の国内従業員エンゲージメント診断・サーベイクラウド市場規模は、事業者売上高ベースで前年比124.8%の38億2,000万円になると推計した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、在宅勤務が増加し、従業員のメンタルヘルスをケアするために日々の状態を把握できるサーベイの需要が増加した。

従業員エンゲージメントを高めることは、会社側、社員側、双方の状況が変化したことで以前に増して注目が集まっている。
まず、会社側の状況変化として、労働力人口の減少により人手不足が顕在化、採用が難しくなったことで社員の定着や離職防止策が求められるようになったこと、また、人的資本の情報開示など投資家からの要望により新しい指標が求められていること、SDGs(Sustainable Development Goals)やESG投資[環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)要素も考慮した投資]​の潮流で働きがいに注目が集まっていることなどが挙げられる。
一方、​社員側の変化としては、社会課題への貢献意欲や成長実感を求めるといったミレニアル世代・Z世代の労働観の影響を受けていること、人生100年時代を前提とする中で「自分が本当にしたいことは何か」「自分のやるべきことは何か」といったテーマで人生、働き方を考える人が増えつつあることが背景にあるとみられる。


2.注目トピック
リモートワークの急速な広がりを受けコミュニケーションが課題に

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、緊急事態宣言の影響により、これまで一部の企業のみが行っていたリモートワークが急速な広がりをみせた。通勤がなくなることで感染リスクの低減だけでなく、作業時間を長く確保できたり、生産性向上や家族との時間が増えたりするなどの利点があることがわかったが、負の側面として、職場でのコミュニケーションに関する課題が挙がるようになった。また、いわゆる「飲みニケーション」ができなくなったこともコミュニケーションの量が減る要因になっている。

リアルな場であれば横にいればすぐに話ができる状態であったが、電話やチャット、オンライン会議などを使えば会話はできるものの、コミュニケーションを取るのにワンクッション入ることになり、これまでのように気軽にコミュニケーションができなくなった。マネージャーはリモートワーク下でも気軽に相談できる環境を作り、メンバーの目標設定や一人一が自律して働けるような働きかけが求められるようになっている。

そこで、会社やチームの目標に紐づいた個々人の目標設定を行い、アクションを明確にすることができるOKR(Objectives and Key Results)や、その進捗を確認し、継続フォローを行う1on1ミーティングを導入する企業が増えている。また、1on1は目標の進捗確認やフォローを行う場としてだけでなく、単なる雑談だとしても、コミュニケーションの量を確保することで心理的安全性を高めると考える企業もあるようだ。

そうした背景から、診断・サーベイだけでなく、1on1運用支援ツール/サービスやOKR運用支援ツール/サービスなど、コミュニケーションを軸にした従業員エンゲージメント向上に関わるプロダクト・サービスが企業から注目を集めている。


3.将来展望
2021年の従業員エンゲージメント診断・サーベイクラウド市場規模は、事業者売上高ベースで前年比120.4%の46億円になると見込む。
ここにきてSDGsやESG投資の潮流を背景に、従業員の働きがいを高める取り組みや人的資本経営への関心が高まり、それらの指標となり得るエンゲージメントを測る診断・サーベイクラウド市場が拡大しつつある。​これまでの導入企業はスタートアップやIT系企業の導入が多かったが、金融業界などIT業界以外の大手企業への広がりも見られる。また、大手企業では以前から多く導入されている従業員満足度(ES)調査ツールをリプレースするケースもある。


■調査要綱
1.調査期間: 2021年4月~6月
2.調査対象: 日本国内の従業員エンゲージメントに関連したプロダクト、サービスを展開している企業
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査、アンケート調査および文献調査併用
<従業員エンゲージメントサービスとは>
本調査では、従業員エンゲージメント向上に関わるプロダクト・サービスである、従業員エンゲージメント診断・サーベイツール/サービスや、1on1運用支援ツール/サービス、OKR(Objectives and Key Results)運用支援ツール/サービス、コーチング研修、人材育成サービス、データ分析ツール/サービス等を調査対象とした。

<従業員エンゲージメント診断・サーベイクラウド市場とは>
従業員エンゲージメント診断・サーベイを実施できるサービスは、次の3つのタイプに分けられる。
①従業員エンゲージメント診断・サーベイツールを単独のクラウドで提供しているもの
②従業員エンゲージメント診断・サーベイをタレントマネジメントシステムの中の一部の機能として提供しているもの
③従業員エンゲージメント診断・サーベイをクラウドではなく単発のサービスとして提供しているもの。このほか、組織開発コンサルティング企業が業務の一環として行っているケースもあるとみられる。
本調査における従業員エンゲージメント診断・サーベイクラウド市場規模は、上記の①を対象として、クラウドサービス事業者の売上高ベースで算出した。

<市場に含まれる商品・サービス>
従業員エンゲージメント診断・サーベイツール/サービス、1on1運用支援ツール/サービス、OKR運用支援ツール/サービス、コーチング研修、人材育成サービス等


■お問い合わせ先
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号 03-5371-6912
メールアドレス press@yano.co.jp


◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社矢野経済研究所 / 7月15日発表・同社プレスリリースより転載)


教育・オピニオン(社会)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ