[人事サービス]2021/03/01

コロナ禍にもかかわらず、「30代以上」の社員のストレス状態は良化。一方、「20代社員」は、男女とも悪化の傾向。

人的資本経営(Human Capital Management)の哲学に基づく人材サービス事業を展開する株式会社ヒューマネージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤 亮三、以下ヒューマネージ)は、企業で実施されたストレスチェックの分析結果を発表した。本結果は、約70万人ものストレスチェック結果、かつ経年データに基づく、大規模な分析調査となる。


新型コロナウイルス感染拡大に伴い、“社員の健康”のために導入されたテレワーク。しかし、20代社員においては、メンタルヘルスへの悪影響が懸念される結果に。

2015年1月より「ストレスチェック制度」が施行され、労働者が50人以上いる事業所では、毎年1回、ストレスチェックをすべての社員に対して実施することが義務づけられている。ストレスチェック制度では、ストレスチェックを実施後、自覚症状が高い者や、自覚症状が一定程度あり、ストレスの原因や周囲のサポートの状況が著しく悪い者を「高ストレス者」として選定し、「高ストレス者」と選定された社員が申し出た場合、企業は、医師による面接指導を実施する必要がある。

コロナ禍が社員のストレスにどのような影響を与えたか?を確認するため、いわゆるコロナ前である[2019年](2018年12月~2019年11月実施分)と、コロナ禍の[2020年](2019年12月~2020年11月実施分)のストレスチェック結果より、医師による面接指導の対象となる「高ストレス者」の割合を比較した。

全体でみると、高ストレス者の割合は、2019年:12.4%、2020年:12.3%と、ほとんど変わらない。しかし、年代別でみると「30代」「40代」「50代以上」の社員は、コロナ禍にもかかわらず高ストレス者の割合が減少しており、「20代」の社員のみ高ストレス者の割合が増加していた。さらに年代×性別でも分析したところ、「20代」は男性、女性とも高ストレス者の割合が増加しており、その他の年代×性別においては、すべて減少しているという結果が得られた。

■高ストレス者の割合:
   2019年/2020年/差
全体 12.4%/12.3%/-0.1pt

《年代別》
     2019年/2020年/差
20代   11.3%/13.1%/+1.8pt ↑増加
30代   14.4%/14.0%/-0.4pt  ↓減少
40代   13.6%/12.9%/-0.7pt  ↓減少
50代以上 11.3%/10.7%/-0.6pt  ↓減少

《年代×性別》
        2019年/2020年/差
20代・男性   10.9%/12.2%/+1.3pt ↑増加
20代・女性   11.7%/13.2%/+1.5pt ↑増加
30代・男性   14.2%/13.3%/-0.9pt  ↓減少
30代・女性   13.7%/13.6%/-0.1pt  ↓減少
40代・男性   13.6%/12.9%/-0.7pt  ↓減少
40代・女性   12.9%/12.4%/-0.5pt  ↓減少
50代以上・男性 10.6%/10.1%/-0.5pt  ↓減少
50代以上・女性 12.2%/11.2%/-1.0pt  ↓減少

 

20代社員のストレス状態の悪化は、「拘禁反応」も影響か。社員の健康管理は、テレワークを前提としたアップデートが必要。――弊社の考察

約70万人という大規模な経年データを分析し、(1)コロナ禍にもかかわらず「30代以上」の社員においてはストレス状態が良化していること、(2)他方、「20代」の社員のみストレス状態が悪化しているということがわかりました。

新型コロナウイルス感染拡大の防止策として、国や都道府県が推奨したテレワークは、「30代以上」の社員においては、時間的な余裕ができたり、職場の人間関係というストレッサー(ストレスの原因)を遠ざけられたり等、ストレス状態にプラスの効果があったと考えられます。一方、まだ自身で主体的にできる仕事の範囲が限られる「20代」の社員においては、テレワークにより周囲のサポートが得られづらい状況となったことで、ストレス状態にネガティブな影響があったと考えられます。

ある精神科の先生は、これを「拘禁反応」という言葉で表現されていました。拘禁反応とは、閉じ込められたことによる抑うつ状態から幻聴等の幻覚が出現することを指します。テレワークで会社に行けない(禁止されている)、プライベートでも外出しづらい(制限されている)なか、家で長時間パソコンに向かって仕事をしていると、何となく漠然とした不安を抱いてしまうのではないか、とのこと。

企業にとっては、テレワークでは社員の不調の兆し――服装や勤怠の乱れ、とりわけ「出社できない」というアラートに気づくことが難しくなります。オンラインのコミュニケーションを活用するほか、「業務進捗をしっかりと確認し、ミスや抜け漏れ、滞りから、コンディションを早期に把握する」「産業医面談をオンライン化し参加のハードルを下げ、社内に広く周知する」など、テレワークを前提とした取り組みへのアップデートが求められます。


<分析対象>
調査時期:2019年…2018年12月~2019年11月
     2020年…2019年12月~2020年11月
調査票:ストレスチェック『Co-Labo』(『職業性ストレス簡易調査票』+独自設問が追加された調査票)
対象者数:2019年…701,961名、2020年…729,410名

 

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社ヒューマネージ
経営企画本部 広報グループ 担当:山口(やまぐち)
e-mail :contact@humanage.co.jp
tel :03-5212-7170 fax :03-5212-7180

 

◆本リリースの詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(株式会社ヒューマネージ / 2月26日発表・同社プレスリリースより転載)


その他人事サービス(人事サービス)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ