[人事サービス]2020/02/25

英語レベル「上級」では、年収1,000万円以上が約60% 英語レベルと年収の高さに相関関係

日本最大級のグローバル人材に特化した人材紹介・人材派遣会社のエンワールド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ヴィジェイ・ディオール)は、エンワールド・ジャパンのサービス登録者で、現在、正社員で働いている方(※1)を対象に「英語レベルと年収」についてアンケートを行い、1,928名から回答を得ました。 
※1 英語を母国語とする方を除く


【調査結果 概要】
■ 英語レベル「上級」では年収1,000万円以上が約60%。「初級」では約10%
■ 英語レベル「ビジネス」以上と「中級」以下で、英語を使う業務の幅に大きな差
  社内会議での英語使用は「ビジネス」で60%以上、「中級」では30%未満


【調査結果 詳細】
1.英語レベル「上級」では、年収1,000万円以上が約60%。「初級」では約10%

現在の年収を伺うと、英語レベル「上級」(流暢)では約60%が1,000万円以上と回答しました。一方、英語レベル「初級」(挨拶レベル)では約10%に留まり、約50ポイントの差となりました。英語レベルが上がるほど、年収の高い割合が大きくなる相関関係がみられました。

国税庁が令和元年9月に発表した「平成30年分 民間給与実態統計調査」では、年収1,000万円以上は給与所得者の5%でしたが、エンワールド・ジャパンが対象とするミドル~ハイクラスの英語レベルが「上級」のグローバル人材では、その約12倍の結果となりました。


2. 英語レベル「ビジネス」以上と「中級」以下で、英語を使う業務の幅に大きな差。社内会議での英語使用は「ビジネス」で60%以上、「中級」では30%未満。

「仕事のどの様なシーンで英語を使用しますか。」と伺うと、英語レベル「ビジネス」以上では、多数の方が「電話対応」、「社内会議」など人との対話が必要な業務を行っていました。一方、「中級」で過半数を上回ったのは、「Eメール」、「レポート・資料作成」となり、読み書きが中心であることが分かります。日常業務である「社内会議」での英語使用は「ビジネス」で約6割なのに対し、「中級」では3割未満にとどまりました。

英語が使えることで職務の範囲が広がり、その結果として給与水準や年収アップにつながっていることが推察されます。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(エンワールド・ジャパン株式会社 / 2月25日発表・同社プレスリリースより転載)


雇用・採用(人事サービス)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ