[社会]

2019/12/02

賃金引上げ等の実態に関する調査:結果の概要(厚生労働省)

調査の概要


調査の目的
この調査は、民間企業(労働組合のない企業を含む)における賃金・賞与の改定額、改定率、 賃金・賞与の改定方法、改定に至るまでの経緯等を把握することを目的としている。


調査の根拠法令
統計法に基づく一般統計調査


調査の対象

ア. 地域
日本全国

イ. 産業
日本標準産業分類(平成25年10月改定)による次の15大産業。
鉱業,採石業,砂利採取業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業,郵便業、卸売業,小売業、金融業,保険業、不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・技術サービス業、宿泊業,飲食サービス業、生活関連サービス業,娯楽業、教育,学習支援業、医療,福祉、サービス業(他に分類されないもの)
※生活関連サービス業,娯楽業は、その他の生活関連サービス業の家事サービス業を除く。
※サービス業(他に分類されないもの)は、外国公務を除く。

ウ. 調査対象
主たる事業が上記イに掲げる産業に属する会社組織の民営企業で、製造業及び卸売業、小売業については常用労働者注)30人以上、その他の産業については常用労働者100人以上を雇用する企業を調査対象、そのうちから産業別及び企業規模別に抽出した約3,500社を調査客体とした。
注: この調査では、抽出時や、各集計表の企業規模区分については、企業に使用され給与を支払われる労働者のうち、下記[1]~[2]のいずれかに該当する労働者の数を使用している。
[1]期間を定めずに雇われている者
[2]1か月以上の期間を定めて雇われている者
なお、本調査の各調査事項の対象労働者は、[1]期間を定めずに雇われている者としており、本概況の次頁以降ではこれを常用労働者としている。

エ .有効回答率
令和元年の調査客体企業数は3,549社、有効回答企業数は1,835社で、有効回答率は51.7%であった。
なお、本概況は、調査客体企業のうち、常用労働者100人以上の企業(調査客体企業数は3,224社、有効回答企業数は1,647社)について集計したものである。


調査事項
ア 企業の属性
イ 賃金の改定に関する事項
ウ 賃金の改定事情に関する事項
エ 賞与支給に関する事項
オ 労働組合との交渉経過


調査の時期
毎年8月


調査の方法
(1)郵送調査により実施する。
(2)実施系統
厚生労働省 ─ 調査対象企業


問い合わせ先

政策統括官付参事官付賃金福祉統計室
室長 中原 慎一
室長補佐 小島 千名美
賃金第二係(内線7653・7638)
(代表電話)03-5253-1111
(直通電話)03-3595-3147


◆ 詳しくはこちらをご覧ください。

(厚生労働省/11月26日発表・報道発表より転載)


行政・法律(社会)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ