[社会]

2019/12/02

令和元年10月の有効求人倍率は前月と同水準の1.57倍~『一般職業紹介状況(令和元年10月分)』(厚生労働省)

厚生労働省では、公共職業安定所(ハローワーク)における求人、求職、就職の状況をとりまとめ、求人倍率などの指標を作成し、一般職業紹介状況として毎月公表しています。


【ポイント】
○令和元年10月の有効求人倍率は1.597で、前月と同じ水準。
○令和元年10月の新規求人倍率は2.44倍で、前月に比べて0.16ポイント上昇。


令和元年10月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.57倍となり、前月と同水準となりました。
新規求人倍率(季節調整値)は2.44倍となり、前月を0.16ポイント上回りました。
正社員有効求人倍率(季節調整値)は1.13倍となり、前月と同水準となりました。
10月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.9%減となり、有効求職者(同)は0.9%減となりました。
10月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると4.0%減となりました。これを産業別にみると、医療,福祉(3.2%増)、建設業(2.5%増)、宿泊業,飲食サービス業(1.3%増)で増加となり、製造業(15.6%減)、サービス業(他に分類されないもの)(8.6%減)、運輸業,郵便業(8.0%減)、情報通信業(7.3%減)、学術研究,専門・技術サービス業(6.6%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、就業地別では、最高は富山県と福井県の2.09倍、最低は高知県の1.25倍、受理地別では、最高は東京都の2.08倍、最低は神奈川県の1.16倍となりました。


(注)
1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成30年12月以前の数値は、平成31年1月分公表時に新季節指数により改定されている。
2.文中の正社員有効求人倍率は正社員の月間有効求人数をパートタイムを除く常用の月間有効求職者数で除して算出しているが、パートタイムを除く常用の月間有効求職者には派遣労働者や契約社員を希望する者も含まれるため、厳密な意味での正社員有効求人倍率より低い値となる。
3.文中の産業分類は、平成25年10月改定の「日本標準産業分類」に基づくもの。


一般職業紹介状況について(PDF:1,013KB)


【照会先】
職業安定局雇用政策課
中央労働市場情報官 森口 (内線5740)
(代表電話) 03(5253)1111
(直通電話) 03(3595)3290

 

◆ 詳しくはこちらをご覧ください。

(厚生労働省 / 11月29日発表・報道発表より転載)


行政・法律(社会)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ