[グローバル]

2019/02/12

2019年の実質昇給率、世界平均は1.3%と小幅減少。日本はインフレ率上昇の影響で昨年1.6%から0.1%に減少する見込み~『2019年度 世界の報酬動向』調査:コーン・フェリー

グローバルな組織コンサルティングファームのコーン・フェリー(NYSE: KFY)は、2019年の世界各国の報酬動向調査結果を発表しました。(コーン・フェリー 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワー14F 日本共同代表:妹尾輝男、高野研一)2019年の実質昇給率の世界平均は1.3%の予測です。2018年の1.5%、2017年の2.3%予測と比較し下降する見込みです。(実質昇給率とは、昇給率予測からインフレ率を調整した数字です)


<トピックス>

  • 実質昇給率の世界平均は昨年対比で小幅減少 (2018年1.5% → 2019年1.3%)
  • 日本の実質昇給率は、インフレ率の上昇 (0.4%→1.9%) により昨年の1.6%から0.1%に減少予測
  • アメリカの実質昇給率はインフレ圧力で低下、イギリスは昨年マイナス0.5%が0.6%に上昇
  • 中国の実質昇給率は、昨年の4.2%から3.2%へ下降予測

​[実質昇給率とは、昇給率予測からインフレ率を調整した数字です]


<各地域、各国の報酬動向>
アジアは実質昇給率が地域別で最も高い
アジアの平均昇給率は、昨年の5.4%から5.6%と上昇が予測されています。インフレ調整後の実質昇給率は2.6%。(昨年の2.8%よりやや減少)中国は、昨年の実質昇給率予測が4.2%だったのに対し、2019年は3.2%と下降予測です。日本の2019年実質昇給率はインフレ率の上昇(0.4%→1.9%)の影響で、昨年の1.6%から0.1%に落ち込む見込みです。
同地域では、昨年より実質昇給率が増加する国が見られます。(ベトナムは昨年の4.6%から4.8%にアップ、シンガポールは昨年の2.3%から3.0%にアップ)


北米はインフレ率の上昇により実質昇給率が低下
アメリカでは、平均3%の昇給が予測されており、これは昨年・一昨年と同じです。 2019年に予想される2.4%のインフレ率調整後の実質昇給率は0.6%で、昨年の1.0%より低下します。カナダの昇給率は2.6%で、実質昇給率は0.6%の見込みです。


西ヨーロッパに比べ、東ヨーロッパは良好
東ヨーロッパでは、2019年の平均昇給率は6.6%の上昇が見込まれています。インフレを考慮した実質昇給率は2.0%と、昨年の1.4%より上昇が見込まれます。西ヨーロッパの平均昇給率は2.5%、インフレ調整後の実質昇給率は0.7%と予想されています。(昨年の実質昇給率0.9%よりダウン)
イギリスは2.5%の昇給見込で、インフレ率1.9%調整後の実質昇給率は0.6%で、ブレグジットで揺れた昨年のマイナス0.5%より上昇の見込みです。ヨーロッパの大国であるフランスとドイツの実質昇給率はそれぞれ0.5%/1.0%と予想されています。


中東の実質昇給率は地域別で下から2番目
中東地域の平均昇給率は昨年度の3.8%に対し、3.6%と見込まれています。インフレ調整後の実質昇給率は、昨年の0.9%、一昨年の2.5%に対して、0.4%の予測です。アラブ首長国連邦は、3.2%のインフレ率に対して3.9%の昇給率で、実質昇給率は0.7%で昨年のマイナス0.5%より改善します。カタールとレバノンの実質昇給率は下落予想で、カタールの予測はマイナス0.5%、レバノンはマイナス1.7%です。レバノンは、昨年の1.8%、一昨年の6.1%から落ち込みが続くことになります。


アフリカではインフレによる賃金上昇
アフリカでは、平均昇給率が7.7%となるにも関わらず、高インフレの影響で実質昇給率は0.9%にとどまります。エジプトでは、昇給率は15%ですがインフレ率(14.4%)の反映で、実質昇給率は0.6%となります。(昨年実質昇給率はマイナス3.8%)


中南米はインフレ率下降するも実質昇給率が前年下回る
中南米地域の平均昇給率は4.7%上昇と予測されています。インフレ率を加味した実質昇給率は1.3%予測で、昨年の2.1%を下回る見込みです。コロンビアは、2019年のインフレ率は2.9%予測で、昇給率5.0%、実質昇給率は2.1%の見込です。ブラジルは、昇給率4.2%、インフレ率4.3%で実質昇給率はマイナス0.1%の見込みとなっています。


太平洋地域は最も低い実質昇給率
オーストラリア/ニュージーランド地区の昇給率は2.5%と予想され、インフレ調整後の実質昇給率は0.3%です。オーストラリアは、2.5%の昇給率、2.3%のインフレ率により実質昇給率は0.2%の見込みです。 ニュージーランドでは、2.5%の昇給率が予測され、2.2%のインフレ率予測より実質昇給率は0.3%です。


本調査は2019年の昇給予測を提示し、2017年に作られた2018年の予測と比較しています。また、The Economist Intelligence Unit による2019年のインフレ予測率との比較も行っています。
(高インフレのアルゼンチンは、世界平均/ 地域平均から除外。国の入れ替えが行なわれた地域があります)


【この件に関するお問い合わせ先】
コーン・フェリー PR & Marketing 川崎晃一
Tel: 03-6267-3600 (代表)/ E-mail: koichi.kawasaki@kornferry.com

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(コーン・フェリー https://www.kornferry.com/jp /2月8日発表・同社プレスリリースより転載)


調査(グローバル)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ