[グローバル]

2018/04/05

ミャンマー ヤンゴンの大気汚染が悪化=環境団体調査

ミャンマーの環境団体が実施した調査で、最大都市ヤンゴンの大気汚染レベルが許容水準の上限を超えていることが明らかになった。ミャンマー・タイムズ(電子版)が3日に伝えた。

非政府組織(NGO)「ALARM(Advancing Life and Regenerating Motherland)」は2016年から、交通量の多いヤンゴン市役所前やバインナウン交差点など市内の5ヵ所で大気汚染調査を実施。地上3メートル地点で、主に大気中の二酸化窒素、二酸化硫黄、粒子状物質を連続8時間にわたり計測している。

今年の調査では、市役所前の二酸化窒素量が16年および17年の10倍に増加し、粒子状物質が許容水準の上限を超えたことが分かった。バインナウン交差点の大気汚染レベルが最も高かったという。

調査によると、大気汚染の原因はごみの焼却、セメントや石炭の生産施設、道路工事などから出る粒子状物質や自動車の排気ガスなど。ALARMは「大気汚染はヤンゴンだけなく他の州や管区でも問題になっている」と指摘し、関係機関は有効な大気汚染対策を講じていくべきと提言した。

 

[本件に関するお問い合わせ]

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「The Daily NNA労務・人事・安全ニュース」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

共同通信グループ 株式会社エヌ・エヌ・エー https://www.nna.jp/
TEL:03-6218-4330

(The Daily NNA労務・人事・安全ニュース https://www.nna.jp/news/list/all/labor /4月5日号より転載)


アジア(グローバル)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


関連情報

講演&交流会レポート

日本の人事部 HRスクール

知見と提案力を鍛える人材業界向け講座。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HRカンファレンス出展のご案内
HR人材紹介
HRリーグ