[グローバル]

2017/10/06

フィリピン 19年までに外資規制の大部分撤廃、政府方針

フィリピンのドゥテルテ政権は、外資規制の大部分を2019年までに撤廃する意向だ。外国資本の市場参入を促し、外国直接投資(FDI)の倍増を狙う。実現には憲法を改正する必要があり、国家経済開発庁(NEDA)は18年初頭から議会で議論を始めたいと考えている。5日付ビジネスワールドなどが伝えた。

NEDAは現在、規制緩和へ向けて2案を用意している。外資の出資比率上限を現行の40%から100%へ引き上げる「A案」と、国の安全保障や国民感情を考慮して49%にとどめる「B案」だ。

A案を進めるには、外資規制を定める1987年憲法を改正しなければならない。NEDAは4日、外資規制分野を定めた外国投資ネガティブリスト(FINL)を改正する大統領令(EO)の草案を大統領府に提出。年内にEOを発行して来年から議会で議論を始め、19年までにほぼ全ての分野で規制を廃止する計画だ。

外国人の土地所有に関しては規制を残し、50年間の賃貸借契約および50年間の契約延長を検討している。NEDAのペルニア長官は、「インフラ分野の投資が活発になることで、FDIは2倍に増える」との期待感を示した。

 

[本件に関するお問い合わせ]

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「The Daily NNA労務・人事・安全ニュース」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

共同通信グループ 株式会社エヌ・エヌ・エー https://www.nna.jp/
TEL:03-6218-4330

(The Daily NNA労務・人事・安全ニュース https://www.nna.jp/news/list/all/labor /10月6日号より転載)


アジア(グローバル)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


関連情報

講演&交流会レポート

日本の人事部 HRスクール

知見と提案力を鍛える人材業界向け講座。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HR人材紹介
HRリーグ