[グローバル]2017/07/21

同僚の賃金公開で、女性活躍が進む? ドイツの新法案から学ぶべき点とは

同一の労働に対する男女間の賃金格差解消に向け、今年3月、ドイツで新たな法案が採択された。同法案では、従業員200人以上の企業に対して、労働者の要請を受けた場合には、同一(もしくは同等)の仕事を行う異性の労働者6人以上の賃金情報を開示することを義務付ける。これにより、賃金構造の透明化を促進し、男女同一労働同一賃金を実現したい狙いだ(独立行政法人労働政策研究・研修機構 国別労働トピックより)。

 

経済協力開発機構(OECD)が2016年に発表した調査によると、ドイツは男女間の賃金格差が大きい国として14位にランクインし、男女間の格差は13.4%だった。これはEU加盟国の中では最低の水準であり、改善に向けた施策が求められている。一方、同調査での日本のランキングは、韓国に次いで第二位。男女間の賃金格差は26.6%にものぼり、男女格差の大きさはドイツ以上だ。

 

日本でも、GMOインターネットグループや、メガネ販売の株式会社21などが、従業員ごとの賃金情報を公開している。しかし、賃金情報を公開する企業はまだまだ一部に限られているのが現状だ。

 

賃金情報を公開し、評価が公正に行われていることを示すことができれば、女性従業員のモチベーションアップも期待できる。今後、労働力人口の減少による人材不足の深刻化が予想され、女性が活躍できる環境づくりが多くの企業にとって急務となる中で、日本企業にも柔軟な取り組みが求められているのではないだろうか。

 


(『日本の人事部』編集部)


欧州(グローバル)アーカイブ

関連する記事

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
申請いただいたプレスリリースは、編集部により掲載可否を判断させていただきます。
また、プレスリリースは、弊社が運営する各メディアにて共有させていただきます。

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ