人事マネジメント解体新書 バックナンバー一覧

いま人事は何に注目し、何をすべきなのか――。
毎回、人事に関する“旬”のテーマを取り上げ解説します。

<「人事マネジメント解体新書」連載休止のお知らせ>
本コーナーに掲載された一部の記事において、他誌の企業事例を許可なく、一部の事実を変えて転載していたことが判明しました。関係各位に多大なご迷惑をおかけしたことを、お詫び申し上げます。
今回の事象を重く受け止め、該当する記事の掲載を停止するとともに、本コーナーの連載を休止いたします。

60件中4150件を表示

人事マネジメント「解体新書」第64回
覚えておきたい、悩んだ時に心の支えとなる「現代の名言」
【 管理職 編 】
人をマネジメントする立場に立つと、それまで見えなかった世界が広がってくる。そのため、何か問題が起きても、どのように対応すればいいのか迷うことが少なくない。最近は環境の変化が激しく、戸惑うことも多いが、過去の偉大な先人や成功者たちの「名言」は、そんな時... [2013/05/20]
人事マネジメント「解体新書」第63回
覚えておきたい、悩んだ時に心の支えとなる「現代の名言」
【 新入社員・若手社員 編 】
偉大な先人や成功者たちは、多くの成功とおそらくそれ以上の失敗を経験した中から、世の人々に対して、さまざまな「メッセージ」や「処世訓」を残してきた。このような古今東西の「名言」には、いろいろな意味で学ぶべきことが多い。本コーナーではその中でも、ビジネス... [2013/05/13]
人事マネジメント「解体新書」第62回
見直しが求められる「人材開発部門」の役割・機能(後編)
~経営戦略と現場のニーズを拾い上げ、人を育てる仕組みを作る
企業の「人材開発部門」には、変革を推進していく担い手として、経営に貢献できる人材開発のプロとしての役割・機能であることが求められている。 『前編』では、「人材開発部門」の見直しが求められている背景と、人材開発の現状について見てきた。『後編』では、どの... [2013/01/21]
人事マネジメント「解体新書」第61回
見直しが求められる「人材開発部門」の役割・機能(前編)
~企業と従業員のニーズの変化にどう対応していくか
企業の「人材開発部門」には、変革を推進していく担い手として、経営に貢献できる人材開発のプロとしての役割・機能であることが求められている。 『前編』では、人材開発部門に変化対応が求められている背景と、企業における人材開発の現状を見ていくことにする。 [2013/01/11]
人事マネジメント「解体新書」第60回
「対話(ダイアローグ)」が求められる時代(後編)
~対話を促すためには、どのような施策が有効か?
『前編』では、「対話(ダイアローグ)」が求められている背景と、その重要性について述べた。『後編』は、組織として対話を行うためにはどのような施策が有効なのか、具体的な企業の事例を見ながら考えていきたい。 [2012/09/03]
人事マネジメント「解体新書」第59回
「対話(ダイアローグ)」が求められる時代(前編)
~信頼に基づく話し合いが、組織を活性化する~
チームとして成果を出すために、人々をまとめ、鼓舞し、組織の活力を高めていく手法である「対話(ダイアローグ)」が注目されている。ただし、これは従来型の以心伝心によるコミュニケーションではない。対話とは、創造的なコミュニケーションであり、単なる雑談や議論... [2012/08/27]
人事マネジメント「解体新書」第58回
社員の「ボランティア活動」と企業の支援(後編)
『前編』では、企業におけるボランティア活動の新たな動きを見てきた。『後編』では、社会貢献を第一の目的にしていると同時に、新たに、東日本大震災による被災地での社員のボランティア活動への参加を「人材育成の場」(事例1)、あるいは「気づきの場」(事例2)と... [2012/07/02]
人事マネジメント「解体新書」第57回
社員の「ボランティア活動」と企業の支援(前編)
企業の社会的責任(CSR)が注目されているが、2011年の「東日本大震災」以降は、社員の「ボランティア活動」を推進する企業が増えているという。 それでは、実際に社員はどのようにボランティアに取り組み、企業はそれをどうサポートしているのか――。 『前編... [2012/06/25]
人事マネジメント「解体新書」第56回
いま、なぜ「エンゲージメント」なのか?(後編)
『前編』では「エンゲージメント」が求められる背景・理由と、基本的な考え方について説明した。では、社員自らが貢献への意欲を覚え、行動していくような制度・施策をどのように講じていけばいいのか――。『後編』では「エンゲージメント」を実現していくためのステッ... [2012/05/07]
人事マネジメント「解体新書」第55回
いま、なぜ「エンゲージメント」なのか?(前編)
近年、「エンゲージメント」という考え方が急速に広まっている。会社と社員を、共に支え合う「イコールパートナー」と考えるもので、会社は社員が働きやすい施策や職場環境を提供し、社員はそれに応えて会社との信頼関係を深めながら、貢献していく。その結果、社員が会... [2012/04/27]
60件中4150件を表示

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ