『労政時報』提携

企業における「懲戒処分」の実態
――横領の場合、8割近い企業が最も重い「懲戒解雇」を適用 (1/2ページ)

労政時報 photo

多数の人が働く企業組織では、日々さまざまな問題が起き、企業秩序維持のため懲戒を検討しなければならないこともあります。しかし、社員が起こす非違行為は多様であり、それらに対してどのような処分をするか、懲戒規程に定められた基準だけでは判断に迷うことも多いでしょう。本記事では、民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)が2007年以降5年ぶりに実施した、「懲戒制度に関する実態調査」より、「モデルケース別に見た懲戒措置」「最近1年間における懲戒処分の発生件数」「解雇における退職金の支給状況」について、取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【 調査概要 】
調査名:懲戒制度に関する実態調査
調査時期・方法:2012年4月9日~6月1日。調査票の郵送により調査
調査・集計対象:全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3454社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)311社の合計3765社に送付。そのうち、回答のあった170社を集計

モデルケース別に見た懲戒措置

【図表1】に挙げた30のモデルケースが起こった場合、どのような懲戒処分をとるのか、過去の事案等から判断して回答いただきました(複数回答)。

最も重い懲戒処分である「懲戒解雇」を適用するという回答が多かったケースは、順に「(1)売上金100万円を使い込んだ」(77.9%)「(9)無断欠勤が2週間に及んだ」(69.1%)「(17)社外秘の重要機密事項を意図的に漏えいさせた」(66.4%)でした。そのほか、「(2)取引先から個人的に謝礼金等を受領していた」といった金銭が絡む非違行為については、懲戒解雇をはじめとする重い処分を適用する傾向が見られます。

集計(回答)企業は異なりますが、前回2007年の調査結果と比較すると、「(5)事故は起こさなかったが、酒酔い運転のため検挙された」「(6)終業時刻後に酒酔い運転で物損事故を起こし、逮捕された」という飲酒運転の事案について、処分内容が重くなる傾向が見られます。社会問題化している飲酒運転に対し、企業としても看過できず、より重い処分を課す傾向にあるといえるでしょう。

【図表1】モデルケース別に見た被懲戒解雇者に対する懲戒措置(複数回答、集計社数149社)

【図表1】モデルケース別に見た被懲戒解雇者に対する懲戒措置(複数回答、集計社数149社)

◎30のモデルケース別に見た懲戒解雇とされる割合が高い問題行動

30のモデルケース別に見た懲戒解雇とされる割合が高い問題行動

最近1年間における懲戒処分の発生件数

最近1年間に実際に発生した懲戒処分の件数は、最も軽い段階の処分である「戒告・譴責」が61社の合計で221件。一方、最も重い処分である「懲戒解雇」は19社の合計で40件です。

【図表2】最近1年間における懲戒処分の種類別発生件数

【図表2】最近1年間における懲戒処分の種類別発生件数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務実態調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ