『労政時報』提携

本誌特別調査
懲戒制度の最新実態(労務行政研究所)
解雇の場合の退職金は、
懲戒解雇では「まったく支給しない」が74.4%、
諭旨解雇では「全額支給する」が49.4%で最多

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多数の人が働く企業組織では、日々さまざまな問題が起き、企業秩序維持のために懲戒処分の検討が必要となることもある。しかし、従業員が起こす非違行為は多様であり、それらに対してどのような処分をするか、懲戒規程に定められた基準だけでは判断に迷うことも多いのではないだろうか。

ここでは、各企業の懲戒制度の内容とともに、解雇の場合の退職金の有無、30のモデルケース別に見た懲戒処分の適用状況について紹介する。

ポイント

  1. 懲戒処分の種類として、1:懲戒解雇(100%)、2:出勤停止(98.4%)、3:減給(96.7%)を設定している企業が多い[図表1]
  2. 解雇の場合の退職金(複数回答)は、諭旨解雇では「全額支給する」49.4%、懲戒解雇では「まったく支給しない」74.4%とする企業が最も多い[図表2]
  3. モデルケースに見る懲戒処分で、懲戒解雇に該当すると回答した企業の割合は「売上金100万円を使い込んだ」74.0%が最も高く、次いで「社外秘の重要機密事項を意図的に漏えいさせた」63.6%であった[図表3]

1 懲戒段階・種類の設定状況

懲戒段階の設定状況
「6段階」が40.2%で最多。5~7段階に全体の8割以上が集中

懲戒段階の設定状況 懲戒段階の設定数としては「6段階」40.2%が最も多く、以下「7段階」27.7%、「5段階」14.1%と続く。5~7段階に全体の8割以上が集中しており、規模別に見ても大きな違いはなかった。

懲戒処分の種類
「懲戒解雇」はすべての企業が設定。
そのほか、「譴責」「減給」「出勤停止」も9割以上が設定している

[図表1]では、懲戒段階別に、設定している懲戒処分の種類を集計している。
懲戒の種類について法律上特に定めはないが、「懲戒解雇」に関しては懲戒段階数にかかわらず、すべての企業で設定されていた。そのほか「譴責(けんせき)」「減給」「出勤停止」なども9割以上と多い。「その他」としては、“(口頭・厳重)注意” “停職” “訓戒” などが挙げられる。

懲戒処分の実施パターンのうち、上位3位のものを挙げると、以下のとおり。
1位(6段階):譴責、減給、出勤停止、降格・降職、諭旨解雇、懲戒解雇(33.2%)
2位(7段階):戒告、譴責、減給、出勤停止、降格・降職、諭旨解雇、懲戒解雇(13.0%)
3位(5段階):譴責、減給、出勤停止、諭旨解雇、懲戒解雇(8.2%)

【図表1】 懲戒処分の種類(複数回答)

図表1 懲戒処分の種類(複数回答)

次のページ
解雇における退職金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務実態調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ