『労政時報』提携

在宅勤務制度に関する実態アンケート(労務行政研究所)
実施企業は36.4%。未実施でも検討・予定している企業が61.5%に達する。
運用上の効果は「育児による離職リスク軽減」が54.9%で最多

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX
ページ1
ポイント
ページ2
1 在宅勤務制度の導入状況
ページ3
2 在宅勤務の実施内容(対象者の属性)
ページ4
2 在宅勤務の実施内容(在宅勤務日の決定・利用上限・労働時間制度)
ページ5
4 在宅勤務の効果、課題

ポイント

  • (1)在宅勤務の実施状況:
    実施企業は36.4%。実施していない企業においても、検討・予定している企業が6割超[図表1]
  • (2)在宅勤務の導入目的:
    「育児による離職リスク軽減」が77.4%と最も高い[図表3]
  • (3)在宅勤務の対象者の属性:
    「正社員のみが対象」が69.2%と、雇用形態について何らかの条件を設ける会社が多数派[図表7]
  • (4)在宅勤務日の決定・利用上限:
    在宅勤務日をあらかじめ決定している企業は28.3%。在宅勤務が可能な日数・時間に上限を設けているのは58.7%[図表12、15]
  • (5)労働時間制度:
    「通常の労働時間管理」が67.0%と最も高く、次いで「フレックスタイム制」43.7%[図表18]
  • (6)在宅勤務に使用する情報通信機器の帰属状況:
    「原則として会社貸与のものを使用させる」が74.5%で最多。「会社からは貸与せず、原則として個人所有のものを使用させる」は7.5%にとどまる。会社からの貸与機器は「パソコン」が97.9%で大多数[図表22~23](本文省略)
  • (7)会社貸与機器の私的利用の可否、通信費の負担:
    会社が貸与している機器では、私的利用を認めていないケースが多い。会社貸与機器の通信費用は会社が負担していて、個人所有機器については社員が負担しているケースが多い[図表24、27] (本文省略)
  • (8)在宅勤務の効果:
    在宅勤務により得られた効果は「育児による離職リスク軽減」が54.9%、「通勤問題の解消」が46.1%等。想定以上に効果があったのは、「社員の自己管理能力の向上」7.8ポイント、「ゆとりや健康的な生活の支援による離職・休職防止」6.9ポイント、「オフィスにかかる経費の削減」5.9ポイントの3項目[図表28~29]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務実態調査 最新記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


関連情報

講演&交流会レポート

日本の人事部 HRスクール

知見と提案力を鍛える人材業界向け講座。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HR人材紹介
HRリーグ