『労政時報』提携

共働き時代における企業の人事施策アンケート
女性の就労継続に向けて「長時間労働の是正」を課題とする企業は70.7%。家庭事情を理由に退職した社員の再雇用制度の導入率は24.4%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護を行う社員を対象とした制度の実施状況 [図表7~8、事例2]
勤務・休暇制度では「短時間勤務制度」47.2%。
勤務・休暇制度以外では「各種介護サービス利用のための費用補助」20.3%

[1]介護を行う社員を対象とした勤務・休暇制度の実施状況

育児と同じく介護に関して、育児・介護休業法で義務化されているもの以外の勤務・休暇制度の実施状況(複数回答)は、「いずれも実施していない」という回答が30.1%を占める。しかし、その回答を除いて実際に実施している施策で最も多かったのが「1日の労働時間を短縮する『短時間勤務制度』」で47.2%、次いで「始業・終業時刻の繰り上げ・繰り下げ」33.3%、「法を上回る期間の『介護休業制度』」22.0%となった[図表7]。

介護の内容・状況にもよるが、育児と異なり、いつまで続くのか先が見通しづらい介護と仕事との両立においては、長期間の休業よりも柔軟な勤務を可能にする仕組みや必要に応じて休暇が取りやすい環境整備が望ましい。[事例2](省略)では、法を上回る介護休業・介護休暇の内容として、期間の長さだけではなく、「分割取得可能」(介護休業)「半日単位の取得可能」(介護休暇)などの回答が多く見られた。これは、2017年1月から施行される改正育児・介護休業法の内容に先取りした対応といえる。

【図表7】介護と行う社員を対象とした勤務・休暇制度の実施状況(複数回答)

[2]介護を行う社員を対象とした勤務・休暇制度以外の制度・施策の実施状況

勤務・休暇制度以外の制度・施策(複数回答)としては、「いずれも実施していない」が62.6%と最も多いが、実施しているものの中では、「各種介護サービス利用のための費用補助」が最も多く、20.3%となった[図表8]。個別性の高い介護では、一律的な制度よりも社員が状況によってサービスを選び、それに費用面での補助を行ったほうが利便性が高いと判断したものと推察される。

【図表8】介護を行う社員を対象とした制度・施策の実施状況(休暇・勤務制度以外、複数回答)
転勤(転居を伴う異動)における共働き、家庭事情への対応[図表9~10]
「転勤あり」企業のうち、「共働きの配偶者がいるという理由で単身赴任を認める」企業が70.8%。家庭事情により、転勤が困難なケースへの対応は「実施していない」が76.3%

[1]共働きの配偶者がいるという理由での単身赴任の認否状況

仕事と家庭を両立するに当たり、転居を伴う異動(転勤)は社員にとって関心の高い事柄である。育児や介護の事情がなくとも、配偶者が正社員として就労している場合、家族帯同ではなく、単身赴任を選択する社員も少なくない。

そこで、転勤の有無と転勤がある場合に会社が共働きの配偶者がいることを理由に単身赴任を認めるかを聞いた[図表9]。
【図表9】転勤(転居を伴う異動)に際して共働きの配偶者がいるという理由での単身赴任の認否状況

「転勤あり」は86.2%。規模別に見ると、300人未満は68.3%だが、300〜999人で94.6%、1000人以上で95.6%と、300人以上規模では9割を超える。「転勤あり」と回答した106社のうち、「共働きの配偶者がいるという理由で単身赴任を認める」企業は70.8%であった。規模別に見ると、1000人以上が83.7%、300〜999人で71.4%だが、300人未満では50.0%と半数にとどまる。規模が大きいほど「共働きの配偶者」の存在を理由に単身赴任を認める傾向にあることが分かる。なお、「その他」の内容としては、「ケースバイケース」「管理職以外は配慮する」などが挙げられた。

 [2]家庭の事情により、転勤が困難なケースへの対応策

共働き、育児・介護の事情によって転勤が困難なケースもあるだろう。こういった家庭事情を抱える者への対応策(複数回答)では、「いずれも実施していない」が76.3%で最も多く、約4社に3社の企業で対策を講じていない[図表10]。何らかの対応策を講じている場合の内容としては、「社員の家族等の事情により、転居を伴う異動を一定期間免除する制度」が9.3%、「配偶者が転居を伴う異動を命じられた場合、その転勤先地域にある自社事業所への異動を認める制度」が6.2%となっている。

規模別に見ると、「いずれも実施していない」は300人未満88.0%、300〜999人86.7%と約9割に達しているのに対し、1000人以上は61.9%と他の規模より低い。実施している対応策では「社員の家族等の事情により、転居を伴う異動を一定期間免除する制度」が16.7%と他の規模に比べて高い。
【図表10】共働き、育児・介護の事情により、転居を伴う異動が困難なケースへの対応策の実施状況(複数回答)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務実態調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ