『労政時報』提携

緊急調査 企業のマイナンバー対応状況アンケート
すでに対応を完了した企業は40%、対応中は59%
副業禁止規定のある企業では、副業発覚時に懲戒等の対処がなされるのは68%
(1/3ページ)

2016/04/06
労政時報 photo

マイナンバー制度に際して企業は、マイナンバーの収集、法定調書への記入に加えて、厳重な情報管理が求められており、担当者の適切な対応と管理が求められる。今回、民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、人事労務の専門情報誌『労政時報』のWEBサイト登録者を対象に、マイナンバーへの実務対応について調査した。

【 調査要領 】
1.調査対象および集計対象:『労政時報』定期購読者向けサイト「WEB労政時報」の登録者から抽出した本社に勤務する人事労務・総務担当者の計2万3177人 を対象に、WEBによるアンケートを行った。 集計対象は417社(1社1人)。産業別、規模別に見た集計対象会社の内訳は下記参照。

産業別、規模別に見た集計対象会社の内訳

2.調査時期:2015年11月11~18日

3.回答者のマイナンバーの取り扱いにおける職務・役割:

回答者のマイナンバーの取り扱いにおける職務・役割

調査結果のポイント

  1. マイナンバーの収集に向けた事務の対応状況は、11月時点で39.6%の企業で対応完了、59.2%で対応中。未対応はわずか1.2%
  2. 実務面での課題(複数回答)は、「マイナンバー収集・保管・廃棄」50.4%、「安全管理措置」41.2%、「業務量の増大」40.0%
  3. マイナンバーの適正な取り扱いのために事務取扱担当者に教育・研修を「実施した」企業は50.6%、「実施する予定」は38.6%
  4. 副業禁止規定がある企業は83.5%で、規定がある企業のうち、副業発覚時に「極端な事案にだけ」「厳格に」対処するのは合わせて67.5%

1 2015年11月時点におけるマイナンバーの収集に向けた事務の対応状況

2015年11月11~18日の調査時点での企業のマイナンバー収集事務の対応状況を見ると、「対応中で、収集に向けた各種整備を進めている」が59.2%で最も多く、「対応はほぼ完了しており、後はマイナンバーを収集するだけ」が39.6%と約4割を占めた[図表1]。

「まだ対応していない」のはわずか1.2%にとどまっており、各社とも2016年1月の本格運用開始に向けて準備を進めていることが分かる。

【図表1】2015年11月時点におけるマイナンバーの収集に向けた事務の対応状況
【図表1】2015年11月時点におけるマイナンバーの収集に向けた事務の対応状況


次のページ
2.実務面の課題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務実態調査 最新記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ