『労政時報』提携

人事担当者に聞いた ミドル社員の処遇と活躍支援に関するアンケート
人員的に40〜54歳が過剰で、
今後は「仕事内容に応じた処遇」が課題となる (1/5ページ)

2015/6/17
労政時報 photo

企業の経営環境や従業員規模、人員構成の状況によってミドル社員への意識は異なるものの、組織内の「中堅」として位置づけられるミドル社員の活躍は、どの企業にも共通した重要課題といえよう。
まだミドルの問題が顕在化していない企業も、すでにミドルの活躍支援に尽力する企業も、今後、5〜10年先を見据えた上で対策を考えていく必要がある。ここではミドル社員を、「40〜54歳のホワイトカラーで総合職」と設定して、人事担当者に、ミドル社員の活性化に向けた取り組み等の実態を明らかにするためのWEBアンケートを実施した。後掲の本誌特別調査(2)では「ミドル本人を対象としたアンケート」を掲載しているので、両者の意識の違いを見比べること で、今後の取り組みの手掛かりを探っていただきたい。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【 調査要領 】
1. 調査名:「ミドル社員の処遇と活躍支援に関するアンケート」
2.調査対象:労務行政研究所ホームページ上で「WEB労政時報」に登録いただいている民間企業から抽出した人事労務担当者6538人
3. 調査期間:2014年12月9〜26日
4. 調査方法: WEBによるアンケート
4. 集計者数: 133社(1社1名)。業種別、規模別の内訳は[参考表]のとおり。

回答者の年齢構成

ポイント

1. ミドル社員の人員構成状況

  1. 年齢階級別の人員構成状況
    45〜49歳では「かなり多い」「やや多い」の合計が60.2%、40〜44歳でも55.6%に上り、ミドル層は相対的に多いと回答する企業が過半数に達する[図表1]
  2. 5年後のミドル社員の役職別の増減予測
    5年後、部下を持つライン管理職は「横ばいで推移」が67.7%、部下を持たないスタッフ管理職では「やや増加する」が44.0%[図表5]

2. 管理職への登用と活躍

  1. 管理職の登用方針
    現状の登用方針について、「年齢や年次などに関係なく優秀な者を登用する」が「年齢や年次などを加味して登用する」を少し上回っており、優秀な者を登用する傾向は、今後さらに強くなると予想される[図表6]
  2. 管理職への昇進年齢
    管理職への標準的な昇進年齢は40.9歳[図表7]。5年前と比較した昇進年齢の変化では、「変わらない」が39.1%、「早くなっている」が32.3%、「遅くなっている」が27.1%と続く[図表8]
  3. 管理職登用に際してのアセスメント
    アセスメントを「行っている」は54.1%[図表9]。具体的な手法では(複数回答)、「面接」が81.9%と最も多く、「論文・レポート」が69.4%、「一般教養試験」が30.6%と続く[図表10]
  4. 期待した活躍ができていない管理職の割合
    部下を持つライン管理職のうち期待した活躍ができていない割合は、「10%未満」が42.1%で最も多い。部下を持たないスタッフ管理職では、「10%未満」「10〜20%未満」がともに23.8%で最多[図表12]

3. ミドル社員の課題と活躍支援策

  1. ミドル社員の仕事や処遇に関する課題
    課題として当てはまるとした回答(「かなり当てはまる」と「やや当てはまる」の合計)が多かったのは、「ミドル社員のモチベーションの低下といった “本人の意欲” に問題がある」が44.4%、「ミドル社員のスキルや体力の衰えといった “本人の能力・資質” に問題がある」が37.6%[図表14]
  2. ミドル社員のモチベーションの状況と施策
    5年前と比較したモチベーションの状況は「変わらない」が50.4%で最も高く、「やや低くなっている」が34.6%と続く[図表17]。モチベーションを高める上で効果的と思う施策としては(複数回答)、「ミドルの役割を明確にし、正しく評価するための仕組みを整備する」が60.2%で最も高い[図表18]
  3. ミドル社員活用に向けた今後の意向
    今後の意向としては(複数回答)、「能力に見合った業務を担ってもらい、仕事内容に応じて処遇していきたい」が75.2%で最も高く、「より成果を発揮し活躍できるよう、積極的な教育やキャリア支援策を充実したい」が53.4%で続く[図表21]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務実態調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ