人事マネジメント「解体新書」

「グローバル人材」の育成に向けて【前編】(3/3ページ)

~待ったなしのグローバル化対応。英語力、留学生・外国人採用への取り組みは?

組織のグローバル化の実現に向けて

◆「外圧」で、グローバル化が実現できるか?

以上、国内での成長に限界が見え、急速に海外展開を進めていく中で、企業は幅広いパターンで人材のグローバル化を急いでいることが見て取れた。何よりグローバル企業では、優秀な人材は日本人に限らず、広く世界規模で登用していく考えを持っている。またグループ全体で、人事評価や報酬の基準も統一する動きも出ている。これなども、国内に左右されないでグローバルな経営体質を作らないと、この先、生き残っていけないという強い危機感があるからに他ならない。だからこそ、若いうちに新興国の文化や実務の修羅場を体験させ、内向きになりがちな若手社員の意識改革を進めようとしているのである。

今や、グローバル化への対応は、待ったなしの状況にある。そのため、調査結果で見たように、「英語力」「留学生」「外国人採用」といった“仕組みからの対応”、あるいはトップによる“グローバル化宣言”といった「外圧」という形によって、グローバル化を進めていく企業が多いように思う。

しかし、それで本当の意味でのグローバル化が実現できるだろうか?正直、疑問を感じる。問題は、それが現場の社員のマインドまで含めた、バリューチェーンの構造になっているとは思えないからだ。単純に、人や施策だけを変えればいいのではない。というよりも、「外圧」では人や組織は変わらない。北風と太陽の関係を思い出してほしい。結局のところ、グローバル化というのは、職場風土の問題に収斂されていくと考える。

*               *

とはいえ、「外圧」的なものによってでも、当面の施策として対応することは必要である。しかし、これはあくまでも「手段」である。「目的」とはならない。グローバル化が求める「目的」、さらに言えばその「本質」は、それとは違ったところにある。では、「真のグローバル化」とは、そして「グローバル人材」とはどういうことを意味するのか?また、そのような人材を育成していくには、どのような取り組みが必要となってくるのか?『後編』では、先駆的な取り組みを行うグローバル企業の人事担当者への話をヒアリングしていった中から、その「解」に迫ってみたいと思う。乞うご期待。

解説:福田敦之(HRMプランナー/株式会社アール・ティー・エフ代表取締役)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事マネジメント解体新書 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ