HRソリューション業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

「自分のキャリアは自分でつくる時代」が日本にも来る
そう直観したとき、「リンクトイン」が面白いと思った

リンクトイン 日本代表

村上臣さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「信頼貯金」を貯め、「外部」を知ろう

いわゆるキャリア自律の時代に、人事には何が求められるとお考えでしょうか。

一人ひとりに寄り添うことです。流動性が高まると人材は他社に出ていったり、また戻ってきたりします。そのときに、どこまでその人の役に立てるかどうかが重要です。

トヨタの豊田章男社長は、従業員に対して「皆さんにはトヨタでしか通用しない人材にはなってほしくない。世界中どこでも通用する人材になって、それでもトヨタを選びたいと思ってほしい」とおっしゃったそうです。この言葉はこれからの企業と人材の関係を的確に捉えていると思いました。人事もこれと同じ考え方で従業員に寄り添うべきだと思います。

私もヤフー時代、部下との1on1の対話の中で、部下の希望が社内だけでは実現しないと思ったとき、知り合いのベンチャー企業での副業を紹介したことがあります。おそらく普通の人事の発想では出てこないアイデアかもしれませんが、その人に向き合ってその人の成長のために何が必要かを考えたら、そういう選択肢もあっていい。本当に自分のことを考えて大切にしてくれる会社なら誰でもい続けたいと思うし、従業員満足度やエンゲージメントも上がってくると思います。

人事をサポートする、HRソリューション、HRテクノロジーの分野でも数多くのプレーヤーが競っています。この業界の動向をどう捉えていらっしゃいますか。

日本はまだまだこれから、という段階だと思います。HRテクノロジーも本格的に注目されるようになったのはこの数年です。逆に考えれば、どの事業者も伸びしろが大いにあります。

これまでは、HRテクノロジーになかなか予算がつかない理由として、経営や人事の意識が変わらないことや、官公庁が「紙・ハンコ主義」であったことが大きかったと思いますが、ここへきて政府もペーパーレス化や電子契約といったものに前向きになりつつあります。HRテクノロジーも含めたDX(デジタル・トランスフォーメーション)は、コロナ禍の影響で、5年分くらいの変化が2年程度で一気に起こるように思いますね。

リンクトイン日本代表として3年目を迎えられました。今後はどういった分野に力を注いでいこうとお考えですか。

個別分野では、まず法人向けの採用支援サービス。人材不足はしばらく続くのでまだまだ伸ばせる部分です。「ウィズコロナの時代」として考えると、eラーニングとエンゲージメントサーベイでしょう。通勤が減り時間ができた、リモートワークでコミュニケーションが取りづらいといったケースでは、キャリア開発の観点から、eラーニングの活用がまず出てきます。

また、エンゲージメントサーベイソリューション 「Glint」は、従業員の状態をリアルタイムで把握できる、まさにこれからの時代の人事に欠かせないHRテクノロジーといえます。当社では、結果解析やそれをマネジメント教育につなげていくためのコンサルテーションまでトータルなソリューションとして提供しています。

全体としては、「すべての働く人に経済的なチャンスをつくりだす」というグローバルミッションは日本でもそのまま通じると思っています。グローバルのリンクトインでも日本は優先順位の高い国になっており、直近でも営業、サポートなど体制をかなり強化しています。不確実な時代、先の見えない時代でみんなが不安を感じているときだからこそ、ビジネス・コミュニティーの価値は今以上に高まっていきます。

私自身は若い頃から、やりたいことをそのまま仕事にするタイプでした。モバイルに取り組んだのもアメリカの状況を見て、世の中の変化を確信したから。その信念で20年間全力を注ぎました。その私が今、リンクトインで働いています。これからの10年で日本もビジネス・コミュニティーを通じてキャリア自律を実現していく時代になる。個人的にはそう直観しています。日本の働き方を変えていきたいですね。

最後に、HRソリューション業界での成功を目指す若い読者の皆さんに活躍のヒントをいただけますか。

若い人の場合はまず「信頼貯金」をためることでしょう。日々の仕事の中にはつまらないと感じるものもあるかもしれません。しかし、そういった仕事のアウトプットもすべて信頼貯金になっていきます。それが後のキャリアにつながるのです。そのためにも食わず嫌い的に「できない」とは言わないこと。そして、やると言ったことは必ずやりきる。有言実行は信頼につながりますし、自分の仕事のやり方やリズムをつくることにもつながります。

もうひとつは「外部」を知ること。人事の仕事の舞台は主に社内なので、どうしても内向きになりがちです。しかし、人事こそ外部を知らないといけない。採用においても、ただ応募してきた人材を採用するのではなく、これからは外に出て自社の戦略にふさわしい人材を探して、さまざまな方法でマーケティングして獲得する時代になります。そんな人事を支援するHRソリューション業界の人たちは、人事以上に「外部」を知り、世の中のさまざまな動向を知るとともに、人事が何に困っているのかを知る必要があるでしょうね。

村上 臣さん(リンクトイン日本代表)

(取材:2020年6月2日)

社名リンクトイン・ジャパン株式会社
本社所在地東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング34階
事業内容人材採用メディア
設立2003年5月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HRソリューション業界TOPインタビュー 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ