HRソリューション業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

「自分のキャリアは自分でつくる時代」が日本にも来る
そう直観したとき、「リンクトイン」が面白いと思った

リンクトイン 日本代表

村上臣さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンバーシップ型からジョブ型へ、日本の働き方が変わる

村上さんは「働き方」や「キャリア」についても、多くのメッセージを発信されています。日本企業の「人・組織」「人事」などが、今後どう変わっていくとお考えでしょうか。

村上 臣さん(リンクトイン日本代表)

今の動きで大きいのは、メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用への転換だと考えています。特に、今回のコロナ禍の影響で、この方向へ向かう未来がほぼ確定したように思います。リモートワークはメンバーシップ型では管理が難しい。誰にどの仕事をやってもらうということを明確にし、評価も成果主義にならざるをえない。

実際に日立や富士通といった日本の代表的企業もジョブ型への移行を発表しました。他の大手企業も、この動きに追随するのではないでしょうか。リーマンショック後にも同様の話はありましたが、今回は切迫度が違います。いよいよ本当に動くのではないかと感じています。

もちろん、そのためには大変なこともあります。すべての職種のジョブディスクリプションをきちんと書かなければならないし、結果として人材の流動化も進むでしょう。ビジネスのスピードも速くなって、新規事業を立ち上げる際に、すぐにプロを集めなければならない局面が増えてきます。しかし、そこからタレントプールを作っていては遅い。今は採用しないけれど、良い人材を追いかけ続けて、必要になったらすぐに採用に向けて動く。そういった日常的な活動が求められます。

当然、採用面でもマーケティング、ブランディングが今以上に重要になります。いざ採用活動をする際に興味を持ってもらうのではなく、すでに興味を持ってもらっている人に情報を届けたほうが成功の可能性ははるかに高くなるからです。継続的な企業のブランディングをオフライン、オンライン問わずにやらなければならない。そういう世の中のトレンドが加速していくと思いますね。これもリンクトインが得意としている部分です。時代の流れと我々のプロダクトがこれまで以上に噛み合ってきます。

コロナ禍で、働き方やキャリア観に変化が求められているように思います。

私の提言を一言でまとめるなら「自分のキャリアは自分でつくろう」に尽きます。当社が世界22ヵ国で行ったビジネスパーソンの意識調査に、興味深いデータがあります。「成功には何が必要と思うか」という問いへの回答で、日本人で二番目に多かったのが「運」だったのです。

運が上位に入った国は他にはありません。日本では会社の決める配属や異動ですべてが決まると考えている人、言い換えれば自分のキャリアを会社に預けている人がまだまだ多いということでしょう。

その背景には、希望する仕事に就くチャンスが新卒採用で入社したときに限られていることもあります。中途採用の場合、専門的なスキルがないとなかなか採用されません。もともと流動性が低いことに加えて、再チャレンジや途中エントリーも難しい。こうした事情が全体の硬直化を招いています。個人が変わることも大切ですが、社会も変わらなければなりません。

社会は個人の集積だと考えれば、まず個人が動くことが先決かもしれません。これからの時代に、個人はどうやってキャリアを自分のものにしていけばいいのでしょうか。

一番は情報収集を怠らないこと。特に社外の情報が重要です。リンクトインも含めて、さまざまなメディアを使って、世の中にはどんな会社や仕事があるのか、どんな働き方が可能なのかといった知識を常にアップデートしておくことでしょう。

そのときに大切なのが、「いい話があったらとりあえず聞いてみる」というオープンマインドです。転職するかどうかを最初から決める必要はまったくありません。その気がなくても情報として知ることで、自分の手持ちのカードが増えていきます。まずは広くアンテナを張って、自分がよりよい働き方をする方法を考えること。それを習慣化することでしょう。

私も年1回の「キャリアの棚卸し」を10年以上続けています。どんな仕事が楽しかったか、市場で価値を持ちそうなスキルは得られたかといったことを振り返って職務経歴書を更新し、ついでにリンクトインのプロフィールにも反映させます。

時には「もう二度とやりたくない」という仕事もあるかもしれません。それは自分に合わない仕事です。それがわかるのも良い学びでしょう。逆に楽しかった仕事は、その仕事の何が楽しかったのかを掘り下げることで、自分の本当にやりたい仕事が見えてきます。そういう積み重ねで、キャリアはどんどん良い方向に進んでいくと思いますね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HRソリューション業界TOPインタビュー 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ