HRソリューション業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

思い切った事業の構造改革によって生み出された
働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」

株式会社チームスピリット 代表取締役社長

荻島 浩司さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受託開発から自社製品開発への転換

 独立・起業してから約10年間、一人で会社を運営されていたとは意外です。具体的にはどのような仕事をされていたのでしょうか。

一言で言えば、システム開発のプロデューサーです。東芝の金融事業部から委託をうけて、いくつかのシステムを手がけました。融資関係の契約書をイメージ化してファイリングし、ネットワーク経由で参照するシステムや、銀行の自己資本比率をはじき出す際に、オペレーショナルリスクを追加して計算するシステム、銀行の事務規定を電子化するシステムなど。自分で企画を立てて、委託を受けたら、予算の折衝から開発メンバーを集めて動かすところまで、外部の人間ながら任せてもらいました。システム開発の会社時代に培った自社製品開発のノウハウが生きましたね。

 その後、徐々に従業員を増やし、現在の組織につながっていくわけですが、何がきっかけで変わっていったのですか。

中核的な深いシステムを開発しようとすると、技術的に高度なものが要求されるので、できる技術者は限られてきます。しかし、そういう技術者を必要なときだけ集めるのは、とても難しいんです。そこで「よく知っている昔の仲間を自分の会社で雇用して、コア部分の開発を手がけたらどうだろう」と考えました。具体的には、システム開発の会社時代の同僚です。時間が経っていたので転職している人も多かったのですが、数人が来てくれることになりました。2007年から年に1人くらいのペースですが、徐々に増員していきました。

ちょうどそのころ、日本でも「クラウド」という言葉をよく耳にするようになりました。欧州では銀行システムがすでにクラウド化されている、とも聞きました。一般的に、システム監査を受ける金融機関が採用すると、その技術はほかの業界にも一気に広まる、と言います。そのときに「これからはクラウドの時代になる」と確信しました。

メインフレームの時代からITに関わって、ダウンサイジングやネットワーク化の時代を経験してきたわけですが、それまでは変化に乗り遅れないようについていくのが精一杯でした。でも、クラウドの時代が来そうだと知ったとき、「今からやれば時代を先取りできる」と思ったんです。今まさに10年に一回の波が来ている、こんなチャンスはそうないぞ、と。そのときから、昼間は東芝で受託開発の仕事をして、夜は事務所に戻って自社のクラウドの企画やパッケージの開発に取り組む、という働き方をするようになりました。

 現在の主力製品である「TeamSpirit」はそこから誕生したのですか。

株式会社チームスピリット 代表取締役社長 荻島 浩司さん

はい。ただ、試行錯誤はありました。2009年にクラウド分野の世界的企業であるセールスフォース・ドットコムのパートナーになって、イベントなどに出展しましたが、最初の製品「入札管理システム」は、開発期間が短かったこともあり、市場からはまったく評価されなかったんです。しかし、そこで使った「総合評価方式」の仕組みは人事評価にも応用できるのではないかと考え、すぐに次の新しい製品の開発に取りかかりました。

設計を進め、特許も取得しました。その過程で「総合評価のためには勤怠管理をはじめ大量の人事データが必要になるが、どうやってそのビッグデータを集めるのか」という課題にぶつかりました。当然のことながら、手入力は効率が悪すぎる。また、その当時あったいくつかの勤怠管理アプリを調べてみると、どれもセンスがいまひとつ。画面のデザインが悪いんです。私はもともとデザイナーを志していたので、余計に気になりました。同時期にツイッターをはじめとするSNSが出てきて、皆がその使いやすいインターフェースになじみ始めているのに、会社で使うシステムだけは昔ながらの画面のままなのはどうか、と。それで「自分たちで作ろう」と考えたんです。ただし、最初は製品化よりも一種の実験のつもりでした。

実験ですから、最初は無料で使ってもらうことにしました。その結果、驚くほど反響がありました。勤怠管理アプリは既にたくさん存在し、無料のものもあったので、やはりデザインの斬新さが評価されたのだと思います。

ラッキーだったのは、使ってくれた方々がいろいろとフィードバックをくれたこと。当時、「リーン・スタートアップ」といった言葉は知りませんでしたが、結果的に、実験的な製品やサービスを無料で提供してユーザーからフィードバックをもらう、という進め方ができました。フィードバックの中には「勤怠管理だけでなく工数管理が欲しい」「ツイッターのようなインターフェースの報告システムは、経営者にはとてもありがたい」といった意見がありました。そのような意見を取り入れ、製品版として新たに作り直したものが、現在の「TeamSpirit」の原型です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HRソリューション業界TOPインタビュー 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ