HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

日本オラクル株式会社 取締役 代表執行役社長兼CEO

杉原 博茂さん

データベースの名門をクラウドでNo.1企業に変革する
原点は「多様性」を目の当たりにした米国体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日米で事業の立ち上げを経験。キャリアアップを重ねた時代

―― そこからグローバルなビジネスに取り組まれるようになったわけですね。

80年代末ですから、日本がバブル景気で盛り上がっていた時期。海外でのM&Aも非常に盛んで、フォーバルアメリカには現地での投資の可能性を探るという役割もありました。アメリカに駐在していた約4年間に、フォーバルのテクノロジーをアメリカ市場で開拓、展開することと並行して、M&Aも手がけました。

そして1993年、アメリカのアリゾナを本社とする「インターテル」の創業者に声をかけられ、人生初めての転職をしました。日本・アジアに進出し通信革命をすることが夢だと伝えられました。当時最先端だった「コンピューター・テレフォニー・インテグレーション(CTI)」や「VoIP」といった技術を持った企業です。同じ頃、アメリカは日本に通信市場をもっと開放するように働きかけていました。そういう流れの中で、通信とコンピューターの融合を進める技術を日本に持ってくる仕事、まさに規制を打ち破って革新していこうという仕事ですから、とてもエキサイティングでした。

日本オラクル株式会社 取締役 代表執行役社長兼CEO 杉原博茂さん インタビュー photo

インターテルではアジア太平洋地域担当副社長、そして、日本の現地法人の社長というポジション。30代前半でしたが、日本に帰国してオフィスの開設や社員の採用から手がけました。フォーバルではアメリカでの事業立ち上げを経験して、今度は日本での事業立ち上げ。また、アジア全体も管轄していたので韓国、中国、台湾、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、インドネシア、と全て立ち上げから任されました。自分で起業した会社ではないですが、ほぼ創業者と同じような仕事をグローバルなスケールでのビジネス経験をさせていただきました。

―― その後、通信業界からストレージのEMCに移籍されました。

フォーバルとインターテルで約18年。「通信のその先にあるのは何か」と、深い興味がわき、かつ、ベンチャーでの経験に加え、今度は大企業や確立された組織論などを勉強したいと思いました。ちょうどそんな時、1994年に日本での拠点を設立し、急成長していた、EMCと縁があったんです。ストレージと言うと通信とは畑違いのように思われるかもしれませんが、「IT」「ICT」という大きなくくりで捉えると同じ畑。「通信」はいわば「道」で、その「道」を流れるのが、「データ」です。通信とデータは切っても切れないものです。どんどん蓄積されていくデータを保管するシステムがストレージですから。EMCはそのストレージの業界で世界トップ企業でした。

フォーバルアメリカやインターテルでは現地法人トップの仕事でしたが、EMCではいったん営業の現場に戻ることになりました。通信業界向けの営業を担当する事業本部長として、通信会社大手にストレージ・ソリューションを提案するなど改革を進めました。もともと通信業界にいたわけですから、お客様の思い、気持ちや意識を理解したうえで営業活動ができました。世界で最大級のビジネスとしての結果を残すことができ、日本の存在を世界にアピールできたことは今でも誇りに思います。縁があり、今期から、その当時通信に革命を起こした「iモード」を立ち上げた夏野剛さんに、弊社の社外取締役になっていただくことができました。一緒に日本の社会のために、革新的なことができることを望んでいます。

―― さらにシスコシステムズ、ヒューレット・パッカードと名だたる企業でキャリアを積まれています。

シスコシステムズ(Cisco Systems)に移ったのは、通信とストレージそしてインターネットをつなぐネットワークの業界を知りたいと思ったからです。その分野の世界トップ企業ですし、ジョン・チェンバースCEOの考え方にも共感し、興味がありました。

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)には、サーバー事業とネットワーク事業、ストレージ事業の事業統括責任者として、強い組織づくりと事業変革をしてほしいとお誘いを受けて、転職しました。旧体制に変革を起こす、「チェンジ・エージェント」になり、組織に変化を起こすことが私のミッションでした。フォーバルアメリカ、インターテルと、法律、人事や企業会計など営業以外のことも勉強できる環境があったので、大きい組織でマネジメントを行う際にも、そういった経験が役に立ったと感謝しています。日本ヒューレット・パッカードでは、業績の二けた成長、V字回復にも貢献することができました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HR業界TOPインタビュー 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ