『ビジネスガイド』提携

労働関係・社会保険の改正項目を一元整理

社会保険労務士

安部敏志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6.企業実務上のポイント

令和4年4月1日から公的年金の受給開始時期の上限年齢が延長されることに伴い、高年齢労働者は働き続けるか退職するか悩むことになります。そのため、企業としては、評価の高い高年齢労働者に働き続けてもらうための人事施策として、職人的な専門職、若手育成を行う教育職等の異なるコースを設けた柔軟な等級制度を検討するのも一案です。

また、公的年金給付に加えた「老後の所得確保」という企業年金・個人年金の本来の役割を果たすため、今回の改正では加入条件の緩和等がなされており、労働者の離職防止の観点からも、人事制度・福利厚生制度の一環として、退職金と同様に、企業年金のメリット・デメリットを比較検討することが必要です。

ただし、その際に注意しておきたいのが、パートタイム・有期雇用労働法(短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律、中小企業は令和3年4月1日から適用)と同法に基づく「同一労働同一賃金ガイドライン」との関係です。企業年金の加入者の資格等は特定の者に不当に差別的なものにならないことが法令により求められていますが、その詳細は法令解釈通知等において、労使合意を尊重して退職金の適用範囲と合わせた取扱いが認められています。

多くの会社では、退職金の適用範囲が正社員に限定されており、正社員と非正規雇用労働者の均等・均衡待遇が求められる中で、現状では退職金の取扱いが明確になっていない状況です。そのため、企業年金を導入するとしても、今回の法改正の施行時期を見据えるというよりは、むしろ均等・均衡待遇の観点から問題が生じないか、退職金の適用範囲の整理と並行した形で、企業年金の適用範囲から検討すべきでしょう。

『ビジネスガイド』は、昭和40年5月創刊の労働・社会保険の官庁手続、人事労務の法律実務を中心とした月刊誌(毎月10日発売)です。企業の総務・人事・労務担当者や社会保険労務士等を読者対象とし、労基法・労災保険・雇用保険・健康保険・公的年金にまつわる手続実務、助成金の改正内容と申請手続、法改正に対応した就業規則の見直し方、労働関係裁判例の実務への影響、人事・賃金制度の構築等について、最新かつ正確な情報を基に解説しています。ここでは、同誌のご協力により、2020年6月号の記事「労働関係・社会保険の改正項目を一元整理」を掲載します。『ビジネスガイド』の詳細は、日本法令ホームページへ。

【執筆者略歴】
●安部敏志(あべさとし)
あべ社労士事務所 代表
大学卒業後、国家公務員I種職員として厚生労働省に入省。労働基準法や労働安全衛生法を所管する労働基準局、在シンガポール日本国大使館での外交官勤務を経て、長野労働局監督課長を最後に退職。法改正や政策の立案、企業への指導経験を武器に、現在は福岡県を拠点に中小企業の人事労務を担当する役員や管理職の育成に従事。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務関連コラム 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ