『ビジネスガイド』提携

今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限

弁護士

岡本 光樹(岡本総合法律事務所)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4 私生活上の喫煙行為と企業秩序および企業の社会的評価

従業員の職場外における私生活上の言動については、上記に比べて、より一層、労働者の人格や自由に対する配慮が要請されますが、そうは言っても、使用者の企業秩序維持権限が一切及ばないわけではありません。

判例によれば、従業員の職務遂行に関係のない職場外の行為であっても、企業秩序に直接関連するものおよび企業の社会的評価を毀損するおそれのあるものは、企業秩序による規制の対象となる旨判示されています(国鉄中国支社事件・最高裁昭和49年2月28日判決、懲戒免職有効。関西電力事件・最高裁昭和58年9月8日判決、けん責処分有効)。

例えば、以下のような場合には、企業秩序を乱すおそれ、あるいは、企業の社会的評価を毀損するおそれがあり、使用者が喫煙を制限し得ると考えられます 。

  • 終業時刻後に、得意先等を接待して行う飲食会・宴会や従業員同士で行う懇親会・宴会等(いずれも原則として労働時間でないと解されている)において、受動喫煙を生じさせる態様で喫煙する場合
  • 健康や医療への貢献を標榜している企業において、制服や社員証を着用したまま、社外で喫煙し、取引先や第三者からの苦情が当該企業に寄せられているような場合

接客などを行う業種で特にサードハンドスモーク対策が要請される企業では、口臭や衣服にタバコ臭が残ることをなくすべく、そもそも喫煙習慣をやめるよう従業員に働きかけることも、必要性および合理性が認められ得ると考えられます。

他方で、特に必要性や合理性がなく、企業秩序を乱すおそれがないにもかかわらず、従業員の休日の私生活上の喫煙を禁止するような場合は、行き過ぎた拘束として、命令や規則が無効・違法となる可能性があります。

以上のように、労働時間、休憩時間、通勤時間、会社関連の宴会、休日など、それぞれの場面について、いずれも個別具体的に、企業秩序との関連性の程度、従業員の職場外の私的側面の強弱といった連続的な要素に照らして、喫煙規制の必要性・合理性を検討する必要があります 。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務関連コラム 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ