『アイデム』提携

定着率が高くても、注意が必要なワケ

アイデム人と仕事研究所

三宅 航太(みやけ こうた)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「できるだけ長く勤めたい」は6割

次に、個人調査を見ます。調査対象は直属の上司が正社員、かつ同僚の人数が二人以上の職場で、現在パート・アルバイトとして就業している18~59歳までの男女です(有効回答数1,648人)。

現在の勤務先について、勤続の考えを聞きました。結果は「できるだけ長く勤めたい(+どちらかと言えば)」60.9%、「他に良い仕事があれば、積極的に転職したい(+どちらかと言えば)」39.1%でした。

種別で見ると、できるだけ長く勤めたい人の割合が最も多いのは主婦(65.4%)、次いで学生(59.3%)、一般(46.6%)となっています。

■図4:勤続についての考え

■図4:勤続についての考え「定着率が高くても、注意が必要なワケ」

8割以上の企業が「定着している」

ここまで紹介した主な調査結果をまとめると、下記のようになります。

<企業>
  • 「同じ人にできるだけ長く働いてほしい」95.1%
  • 最低限勤めてほしい期間→最多:「1年~3年程度」25.0%
  • 最大限勤めてほしい期間→最多:「期間の定めなく、ずっと働いてほしい」57.5%
<個人>
  • 「現在の勤務先で、できるだけ長く勤めたい」60.9%
  • 「他に良い仕事があれば、積極的に転職したい」39.1%

勤続に対する考えについて、企業と個人の違いが際立っています。9割強の企業が「できるだけ長く働いてほしい」と回答しているのに対し、「長く勤めたい」と答えた個人は6割にとどまっています。

実際の勤続期間はどうなっているのでしょうか。パート・アルバイトに、現在の勤務先での勤続期間を聞いたところ、最多は「5年以上」で31.8%、次いで「1 年以上2 年未満」16.4%、「3 年以上5 年未満」15.6%となっています。1年以上というくくりで見ると(1年以上~5年以上の計)、働き続けている人の割合は76.1%でした。

■図5:勤務先での勤続期間

■図5:勤務先での勤続期間「定着率が高くても、注意が必要なワケ」

自社の定着について、企業はどう考えているのでしょうか。企業に「パート・アルバイトが定着しているか」を聞いたところ、85.0%が「定着している(+どちらかと言えば定着している)」と回答しました。先述した企業が最低限勤めてほしいと考えている期間と、パート・アルバイトの実際の勤続期間と照らし合わせてみても、おおむね企業は現状に満足している様子がうかがえます。

一方で、39.1%のパート・アルバイトが「他に良い仕事があれば、積極的に転職したい」と回答しています。4割弱が潜在的に転職を考えていることになり、企業にとっては無視できない結果です。

辞めない理由は人それぞれです。たとえ離職率が低くても、個々の働き続ける理由がわからなければ、定着しているかどうかは見えてこないと思います。一人ひとり、個別に見ていくことが、大切ではないでしょうか。

<パート戦力化に関する取材記事は、人と仕事研究所WEBサイトで検索・閲覧できます>
TOP ⇒ コラム/取材記事 ⇒ 現場イズムバックナンバー

アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。 パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所

●文/三宅 航太(みやけ こうた)
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社の営業・編集、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWebで発信するビジネスやマネジメントなどに役立つ情報記事の編集業務に従事する。人事労務関連ニュースなどの記事作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ