『アイデム』提携

子供は、親の背中を見て育つ?

アイデム人と仕事研究所 

岸川 宏(きしかわ ひろし)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親の背中は、子のキャリア観にも影響があるのか?

子供の育成は、親の影響が大きいという実験結果を紹介しましたが、キャリア観には影響するのでしょうか?

皆さんは、小学生の時に、なりたい職業はあったでしょうか?
アイデム人と仕事研究所で行なった「子供のキャリア観に関する調査」の集計結果の一部をご紹介しましょう。

調査対象は小学校5年生または6年生の子供とその親(1308名)に行なったもので、子供への調査は親の代理回答(調査時に同席している子供に質問をし、その回答を聞いて記入する)となっています。
調査対象である小学校5年生、6年生(以下「子供」)に「将来なりたい職業はあるか」を聞いたところ、「ある」と回答した子供は48.6%、「ない」は35.5%となりました(図1)。

■図1 将来なりたい職業はあるか

将来なりたい職業はあるか

親と同じ職業には就きたくない?

なりたい職業があると回答した子供に、その職業に将来なりたいと思う理由をたずねると、「好きなことだから」53.9%で最も多く、「かっこいい、かわいいから」30.8%、「社会や人の役に立ちたいから」20.3%と続きます。「親がしているから」と回答した子供は、わずかに4.1%となっていて、親の仕事をまねる、同じことをしたい と思う子供はかなり少ないようです。親としては少々さびしい結果ですね。

この結果は、親が就いている仕事を知らない、見たことがないからなのでしょうか?子供に「親の仕事を知っているか」と聞いたところ、「知っている」という子供は95.2%で、ほとんどの子供が親の職業を知っていました。父親、母親の仕事を知っているかとの問いには、「父親」の仕事については87.8%、「母親」の仕事については92.0%が知っているという結果。回答者の母親の就労状況を見ると、パート勤務の方が多く、居住地の近隣で働いている可能性が高いと考えられます。そのため、父親よりも母親の仕事の認識の方が強いのではないかと推察できます。(図2)。

■図2 親の仕事を知っているか

親の仕事を知っているか
親の仕事を知っているか
親の仕事を知っているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ