『アイデム』提携

定着と労働条件の微妙な関係

アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士 

岸川 宏(きしかわ ひろし)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ごとの特徴的な労働条件への不満

図6.「労働条件に対する満足度」(勤続意向×仕事へのマインド別)
勤続意向と仕事へのマインド 満足/どちらかと言えば満足(%) ポジティブ定着と満足の差
労働時間
(残業時間含む)
【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 89.3
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 80.6 8.7
【C】転職意向×仕事ポジティブ 70.0 19.3
【D】転職意向×仕事ネガティブ 68.8 20.5
給与 【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 71.0
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 54.8 16.2
【C】転職意向×仕事ポジティブ 44.6 26.4
【D】転職意向×仕事ネガティブ 34.8 36.3
仕事量 【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 83.3
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 50.0 33.3
【C】転職意向×仕事ポジティブ 60.8 22.6
【D】転職意向×仕事ネガティブ 41.8 41.85
責任の重さ 【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 87.1
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 66.1 21.0
【C】転職意向×仕事ポジティブ 75.4 11.8
【D】転職意向×仕事ネガティブ 49.6 37.5
仕事の内容 【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 93.5
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 51.5 41.9
【C】転職意向×仕事ポジティブ 85.4 8.1
【D】転職意向×仕事ネガティブ 35.5 58.0
直属の上司 【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 78.4
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 48.4 30.1
【C】転職意向×仕事ポジティブ 63.1 15.4
【D】転職意向×仕事ネガティブ 33.3 45.1
休みの取りやすさ 【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 87.0
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 71.0 16.0
【C】転職意向×仕事ポジティブ 77.7 9.3
【D】転職意向×仕事ネガティブ 73.0 13.9
教育訓練の機会 【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 65.4
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 32.3 33.1
【C】転職意向×仕事ポジティブ 42.3 23.1
【D】転職意向×仕事ネガティブ 23.4 42.0
働きぶりへの評価 【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 76.1
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 32.3 43.8
【C】転職意向×仕事ポジティブ 53.1 23.0
【D】転職意向×仕事ネガティブ 23.4 52.7
職場の人間関係 【A】長期勤続意向×仕事ポジティブ 89.5
【B】長期勤続意向×仕事ネガティブ 61.3 28.2
【C】転職意向×仕事ポジティブ 80.0 9.5
【D】転職意向×仕事ネガティブ 45.4 44.1

図7. 勤続意向と仕事へのマインドとの関連

図7.勤続意向と仕事へのマインドとの関連

タイプ別に、それぞれ特徴をまとめてみます。

●「C」仕事に前向きでありながらも、転職意向が高い

  • 不満なのは、「賃金」「評価」「教育」
  • 仕事に取り組んでいる分、ちゃんとした評価と処遇を求める
  • 自己成長の機会がないと不満につながる

●「D」仕事もつまらない、早く転職したい

  • 不満なのは、「仕事の内容」「評価」「上司」
  • 仕事そのものへの興味・関心を失っている。要因は様々あると思われるが、仕事に対する評価や評価を行う上司との関係に不満足感が高い

●「B」仕事へのマインドは低いが、勤続意向が高い

  • 不満なのは「評価」「仕事の内容」「仕事量」
  • 仕事への評価がなく、仕事に対しての興味関心が薄くなる
  • 不満に対する“あきらめ感”があるものの、「給与」や「労働時間」、「休みの取りやすさ」「職場の人間関係」の満足度が高く、居心地も良い

ポジティブ定着への共通項

ポジティブ定着に必要な要素として、共通して見えてきたものは「評価」でした。

その人の働きぶりをきちんと評価し、「処遇につなげる」「教育を行う」ことが重要(C)ですし、仕事に対する取り組みが評価されれば、仕事に対するやる気が芽生え、やりがいにつながります(D)

このように、仕事へのマインドを育てていかなければ、従業員はその仕事を離れていきます。

勘違いしやすいのは、「賃金を上げる」「休みを取りやすくする」「労働時間の融通を利かせる」など労働条件を良くすれば、働きやすい環境が整い、定着してくれるだろう。と考えてしまうことです。

この部分だけにとらわれると、「仕事はつまらないし、やる気もないけど、希望の時間で働けるし、時給もそこそこいいからしばらくここで働こう」といった従業員が定着していくことになります(B)

“働きやすい労働条件の整備”それだけでは生産性の高いメンバーの定着にはつながらず、制度にタダ乗りするフリーライダーの増加が懸念されます。定着化にとって、よりよい労働条件の整備は欠かすことのできない施策ですが、質の悪い定着化を進めてしまうかもしれない微妙な存在でもあります。

「賃金を上げる」「休みを取りやすくする」といった動機付けだけではなく、「評価」をするということがとても重要です。さらに、不満足要因に、「教育の機会」、「上司」などが含まれていることを考えると、この評価には、処遇に直結する評価制度だけではなく、上司による、成長や成長を促すための励ましなど、内発的な動機付けが必要なようです。

生産性の高いメンバーを揃えていくには、“働きぶりに対する評価(観察し、認め、励ます)”が、絶対条件といえるようです。

アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。 パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所

●文/岸川 宏(きしかわ ひろし)
大学卒業後、リゾート開発関連会社へ入社。飲食店部門での店舗運営を経験後、社会保険労務士資格を取得。社会保険労務士事務所にて、主に中堅・小規模企業の労務相談、社会保険関連手続きに従事した。1999年、アイデム人と仕事研究所に入社。労働環境の実態に迫る情報提供を目指し、社内・外への情報発信を続けている。2015年4月より現職。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ