『アイデム』提携

52.8%のアルバイト学生、もっと働きたい

アイデム人と仕事研究所 研究員 三宅航太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイト・パート人材の採用成功にはフレキシブルな勤務形態が必須

近年、労働市場においては、人手不足感が一段と鮮明になっています。有効求人倍率は上がり続け、2017年12月1日に発表された10月の有効求人倍率は1.55倍(前月比0.03ポイント増)で、1974年以来、43年9ヵ月ぶりの高水準となりました。

そんな中、パート・アルバイトを多く雇用する小売店や飲食チェーンなどの人手不足は深刻化しており、企業は人員確保に頭を悩ませています。採用条件を緩和し、求職者の希望に応じて勤務日数や時間を設定できる仕組みを取り入れる企業もあれば、携帯電話の位置情報サービスを利用して「当日シフトに入れる人を募集する」という超短期の求人募集サービスを行っている求人メディアもあります。

パート・アルバイトの求職者が勤務先を選ぶ条件は、主に二つです。「自分の都合のよい時間や曜日に働けること」と「家(もしくは学校)の近くであること」です。パート・アルバイトという働き方を選ぶのは主婦や学生など、時間に制約のある人たちが多いからです。そのため、パート・アルバイトを多く雇用する企業は、フレキシブルな勤務形態を設ける必要があります。

実際の労働時間はどうなっているのでしょうか。弊社が今年発表した平成29年パートタイマー白書で実施したアンケート調査の結果を見ていきたいと思います。調査対象は、直属の上司が正社員、かつ同僚の人数が二人以上の職場で、現在パート・アルバイトとして就業している18~59歳までの男女です(有効回答数1,648人)。パート・アルバイトに1週間の労働時間(残業時間も含む)を聞いたところ、最多は「週10 時間超20 時間以下」で33.6%、次いで「週20 時間超30 時間以下」30.7%となっています。種別で見ると、学生と主婦は「週10 時間超20 時間以下」が最多で、それぞれ44.2%、37.4%でした。一般は「週30 時間超40 時間以下」が最多で、34.3%です(図1)。

■図1:1週間の労働時間(残業時間も含む)

図1:1週間の労働時間(残業時間も含む)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ