『アイデム』提携

ダレのための解禁日なのか?

アイデム人と仕事研究所 研究員

関 夏海

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

守らないのに必要な理由

実際に解禁日を順守した企業はどのくらいあるのでしょうか。2016年3月卒業予定者(以下、16卒学生)の採用活動に関する企業調査では、採用選考に関する指針を「守った」は57.9%、「守らなかった」は12.5%となっています。

18卒学生の採用選考に関する企業調査で同様の質問をしていますが、特に選考活動解禁日について、「厳密に守った」は45.6%、「守らなかった」は19.3%、「一応は守った(正式な活動は解禁日以降に行ったが、解禁日前から当該活動に近い活動を始めていた)」が35.1%となりました。半数以上の企業が選考活動解禁日を守っておらず、順守意識は低くなっています。

■2016年度の新卒採用で「採用選考に関する指針」を守ったか

上:2016新卒採用に関する調査(2015年10月1日状況)、下:2018新卒採用に関する企業調査(2017年7月1日状況)

「解禁日は必要」とする企業が多いにもかかわらず、設定されている日付を守っている企業が少なくなっているのはなぜでしょうか。考えられるのは、設定されている解禁日を適切でないと捉えている企業が多くいるのではないかということです。16卒学生及び17卒学生の就職活動に関する企業調査では、適切だと思う解禁日について聞いています。

二つの結果は「解禁日は必要ない」の回答の取扱いが異なるため、単純に数値で比べることはできないのですが、広報活動解禁日となっていた「卒業前年次3月」が適切(=「現行どおり」)と回答する企業よりも、「現行の解禁日より前」と回答する企業のほうが多い結果となりました。17卒対象調査では広報活動も選考活動も「現行どおり」と回答する企業が1割にも満たない結果でした。

■「広報活動」「選考活動」の解禁日はいつ頃が適切だと思うか:原稿の解禁日を基準に集計

「広報活動」「選考活動」の解禁日はいつ頃が適切だと思うか:原稿の解禁日を基準に集計

2017新卒採用に関する企業調査(2016年10月1日状況)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ