『アイデム』提携

女の敵は女!? 時短 vs フルタイム

アイデム人と仕事研究所 古橋 孝美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

女性の継続就業率は大幅に上昇

先日、国立社会保障・人口問題研究所から「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」が発表されました。それによると、結婚退職、出産退職する妻は減少し、第1子出産後の継続就業者の割合は2005~09年の29.0%から2010~14年の38.3%へと、10ポイント近く上昇しています。結婚前、妊娠前に就業していた妻に限定すると、4割前後で推移してきた継続就業率は53.1%となり、大幅な上昇です。多くの企業で子供を抱えたワーキングマザーが増え、そのマネジメント機会も増えているのではないでしょうか。

法整備や世間の風潮もあり、以前に比べれば出産を経て職場復帰がしやすい環境になっています。しかし、実際にはまだまだ問題は多いようです。『平成28年版パートタイマー白書』からは、職場復帰した後、短時間勤務者とフルタイム勤務者との間で軋轢が生じていることが明らかになりました。

時短 vs フルタイム それぞれの悩み

白書で実施した調査によると、短時間勤務で働く際に、「負い目や悩みがある」と回答した女性正社員(※1)は78.4%と8割近くに上ります。具体的には、以下の内容が上位に挙がりました(図1)。

※1出産後や育児休業復帰後に正社員として“短時間勤務”をしたことがある者、または育児のため残業が免除されている者

●表1:短時間勤務で働いている際の負い目や悩み〔短時間勤務<残業免除も含む>経験者〕
<複数回答>

1位:急に休みを取ることが発生する(52.8%)
2位:皆が働いている中で、先に帰りづらい(38.3%)
3位:他の人に業務のしわ寄せがいっている(30.6%)
4位:時間が制約される分、なかなか仕事が進まない(29.2%)

ここからは、“制約された中で自身のパフォーマンスが発揮できない”といった自分目線の悩みよりも、“職場や同僚に迷惑をかけている”という申し訳なさや後ろめたさが前面に出ています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


関連情報

講演&交流会レポート

日本の人事部 HRスクール

知見と提案力を鍛える人材業界向け講座。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HR人材紹介
HRリーグ