『アイデム』提携

パート賃金10年史
~10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ

アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士 岸川 宏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ
  • 勤務シフトは短時間化の傾向
  • 正社員との賃金格差は大きな変化は見られない

この10年、パート・アルバイト雇用の需要は、高まりつづけています。総務省の労働力調査によれば、雇用者(役員を除く)に占める非正規労働者の割合は、2006年の33.0%から2015年には37.5%となり、4割に近づいています(表1)。

●表1 非正規労働者数・割合の推移

この10年の間、戦後最長といわれた「いざなぎ景気」(実感なき好景気等とも呼ばれました)、世界同時不況、東日本大震災の影響等、景気にも大きな変化がありました。また、労働市場においても、正規・非正規の格差が指摘され、パート労働法の改正、労働契約法や派遣法の改正、最低賃金の大幅な引き上げ、社会保険の適用拡大など、非正規労働に関し様々な改正、施策が盛り込まれてきました。

そういった環境の変化もあってか、企業の非正規労働者(パート・アルバイト)を雇用する理由にも変化が生じてきています(参考1)。

●参考1 パートタイマー(アルバイト)を雇用する理由 パートタイム白書 平成15年版

我々、アイデム人と仕事研究所では、当社で発行している求人媒体「しごと情報アイデム」に掲載されている求人広告から、募集時の賃金など、募集の際に公表されている労働条件についてデータを蓄積し続けています。

今回は、環境の変化を踏まえつつ、上記データから、企業がパートアルバイトを雇い入れるときの、労働条件のうち、賃金や労働時間について10年の変化を見てみました。
※当求人媒体の発行エリアのうち、もっとも求人数が多い東京都についてパート・アルバイトの賃金等について集計を行なっています。

10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ

2006年(平成17年)東京都のパート・アルバイトの募集時平均時給は「961.4円」(職種計)。その後年々上昇を続け、2009年には1,000円台に突入しました。そして2015年の年間平均は1,048.9円となり、10年間で87円の上昇、率にして9.1%の上昇となっています(図1)。この10年間、緩やかにですが、賃金上昇は着実に続いています。

●図1 東京都 パートアルバイトの募集時平均時給上昇率(2006年:100)

非正規労働者の処遇改善を目指し、年3%の引上げ・平均で1,000円を目指すとされる最低賃金。募集時の平均賃金とはどのような関係性となっているでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ