『アイデム』提携

同一労働同一賃金の実態は?(2/3ページ)

アイデム人と仕事研究所 所長/社会保険労務士 岸川 宏

2016/04/15

非正規雇用従業員が行う業務は「定型的業務の割合が高い」と回答した企業が約6~7 割に上ります。一方、正社員が行う業務において「定型的業務の割合が高い」と回答した企業は43.2%に留まり、企業が非正規雇用従業員を責任や判断を伴うような非定型的業務よりも、単純作業などを含む定型的業務に従事させている状況が見受けられました。

この回答結果からは、「職務」自体が異なるということになり、非正規労働者の多くはパートタイム労働法で言うところの「通常の労働者(正社員)と同一視すべきもの」には該当しないということになります。

パートタイム労働法に則り、職務の内容に応じた待遇をするといった考え方に基づけば、職務の内容を正社員と明確に変えなければなりません。人件費を安く抑えていきたい企業であれば当然の結果と言えるかもしれません。

現状の傾向からすれば、正社員(通常の労働者)と同じ待遇にすることは難しい状況です。もちろん、職務の内容に“応じた“処遇をする必要があることに間違いはありません。

賃金の実態

■正社員との賃金比較
正社員平均月給:234,975円
  平均時給月給換算※対正社員比
パート・アルバイト 1,041 160,730 68.4%
派遣 1,247 192,537 81.9%
(東京都:平成26年7月~平成27年6月の平均)
※月給換算:厚生労働省「毎月勤労統計」(平成26年度確報)
      事業所規模5人以上の所定内労働時間平均(154.4時間)を元に算出
データ元:『しごと情報アイデム』『ジョブアイデム』各月2週発行分を集計

上記の表は、当社の求人媒体から募集時の賃金について、パート・アルバイト、派遣社員の賃金と、正社員の賃金との比較を行ったものです。所定労働時間等を一律にして比較が行えていませんのでかなり大雑把な比較となります。

正社員と比較すると、パート・アルバイトでは約7割、派遣社員では約8割となっています。賞与や退職金、その他福利厚生に関しても考慮されていませんので、その辺りまで含めるとその割合はもっと下がるものと思われます。

いかがでしょうか? 現在パート・アルバイト、派遣社員が行っている職務への対価として均衡がとれている賃金となっているでしょうか。

データは少し古くなりますが、パート・アルバイトとしては、もう少し差を小さくしてほしいといった意見も少なくないようです。(平成23年版パートタイマー白書)

■正社員よりも賃金が低いことへの納得性


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ