『アイデム』提携

イマドキの若年労働者の就労意識(1/3ページ)

株式会社アイデム人と仕事研究所 所長 岸川 宏(きしかわ・ひろし)

2016/01/18

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

先日公表された「平成26年度大学等卒業者の就職状況調査(4月1日現在)」によれば、平成27年3月に卒業した大学生の就職率は、96.7%と平成20年以来7年振りの高水準となり、「売り手市場」となっています。

一方、平成26年度学校基本調査によれば、平成26年3月に卒業した学生56万5千人のうち、およそ19%(10万5千人)が「安定的な雇用に就いていない者」となっています。近年「安定的な雇用につかない」学生の割合は少なくなってきているとはいえ、調査を行いはじめた平成24年3月卒学生から3年連続で約2割・10万人を超える学生が安定的な雇用に就いていないのです。「売り手市場」にも関わらず、です。

※「安定的な雇用に就いていない者」とは、「就職者のうち、正規の職員でない者」(3.9%)と、「一時的な仕事に就いた者」(2.6%)と、「進学も就職もしていない者」(12.1%)の合計値。

そんな、イマドキの若年労働者の就労意識はどのようになっているのでしょうか。

平成26年版パートタイマー白書では、現在就労している23 歳から39 歳までの未婚の男女(大学卒業者)にアンケートを実施しています。

この中で、大学卒業後の初職が、非正規雇用だった者にその理由を聞いたところ、「正社員での職が得られなかったから」51.9%で最も多く、「興味のある仕事が、非正規雇用での募集だったから」が21.6%、「元々、正社員で就職するつもりはなかったから」19.7%、「その他」6.8%という結果でした。

■大学卒業後の初職が非正規雇用だった理由

「正社員での職が得られなかったから」いわゆる“不本意非正規”であった者が5割を超える結果で、当時までの就職活動の厳しさがうかがえる結果ともいえますが、一方で“積極的非正規”も半数近くいるということです。


次のページ
働き方の志向
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ