『アイデム』提携

問われるインターンシップの在り方(2/2ページ)

株式会社アイデム 人と仕事研究所 古橋孝美

2015/10/9

プログラム内容は「会社説明」、「1日」開催が最多

インターンシップに参加した学生に、どのような内容だったかを聞くと、「参加企業の会社概要についての説明」67.2%、「参加企業が属する業界についての説明」64.0%、「参加企業やその業界に関するテーマのグループワーク・ディスカッション」53.8%が上位となりました。その一方、インターンシップの本来の目的である就業体験については、「実際の業務の体験(給料なし)」29.4%、「実際の業務の体験(給料あり)」7.6%と、あまり実施されていない様子がうかがえます。

■インターンシップの内容(n=381)
図:インターンシップの内容(n=381)

また、インターンシップのプログラム日数を聞くと、多い順に「1日」29.4%、「4~5日」27.8%となりました。ここからは、ワンデー開催のものと約1週間開催のものが主流になっていることが明らかです。

■インターンシップのプログラム日数(n=381)
図:インターンシップのプログラム日数(n=381)

インターンシップ終了後にも、企業から“コンタクトあり”

調査では、インターンシップの終了後に、参加企業から選考やイベントの案内が「あった」学生が68.2%に上ることも明らかになりました。ここからは、企業側が、インターンシップをきっかけとして学生をつなぎとめようとする姿勢が垣間見えます。実際、インターンシップに参加した企業の採用選考にエントリーまたは応募をするとした学生は7割を超え、企業側の望むであろう形に落ち着いていました。

2016年度の新卒採用活動では、調査結果と同様に就業体験機会の提供という本来の目的よりも、業界研究や企業研究の一環として、または就活に役立つ情報セミナーとして「インターンシップ」を開催した企業も少なくないという話を聞きます。もちろん、こういった機会が学生の職業観形成の一助になり、就職活動を行う学生にとって有益な情報提供となっていることも事実です。

しかし、インターンシップが、採用選考活動を強く意識したイベントとなり、新卒採用の新しいルールをかいくぐるツールになっている感も否めません。元々、就職活動時期の変更は、より豊かな人材の育成を目指すべく行われました。にもかかわらず、解禁前から水面下で広報・採用選考活動が進められていれば、学生側にも不安や混乱が広がります。

また、“働く”ことに触れて考える機会も減少してしまうかもしれません。今後は、より豊かな人材を育成し採用するためにも、インターンシップの在り方も考えていく必要がありそうです。

【参考資料】

2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2015年2月1日状況)

調査対象:2016年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学3年生・大学院1年生
有効回答者:637名
調査期間:2015年2月1日~3日

<パート戦力化に関する取材記事は、人と仕事研究所WEBサイトで検索・閲覧できます>
TOP ⇒ コラム/取材記事 ⇒ 現場イズムバックナンバー

アイデム WEBサイト
アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。
パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所
文/古橋 孝美(ふるはし たかみ)2007年、株式会社アイデム入社。求人広告の営業職として、人事・採用担当者に採用活動の提案を行う。2008年、同社人と仕事研究所に異動。「パートタイマー白書」等のアンケート調査を担当。パートタイマーを重点に置いた非正規雇用の現状や今後の課題、中小企業における雇用状況について調査を進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人 プロティアン・キャリア協会ロゴ
プロティアンで組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャ...

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ