『アイデム』提携

若手社員の不足 どう解決するか(1/2ページ)

株式会社アイデム 人と仕事研究所 古橋孝美

2015/8/6

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

貴社で、もし正社員経験のない人を正社員雇用するとしたら、何歳くらいまでの人ならOKですか?

また、正社員経験のある人とない人がいたならば、どちらの人を採用しますか?
「いや、年齢は関係ない!」「やっぱり20代までかな…」「正社員だったかどうかではなく、熱意を見る!」「…でも、正社員で働いてなかったんでしょう?」――ぱっと浮かぶのはどのような返答ですか?

労働力調査(総務省)の平成25年平均結果において、非正規雇用で働く25歳から34歳の者が現職に就いた理由で最も多いのは、「正規の職員・従業員の仕事がないから」。その割合は3割を超え、他の年齢層よりも高く、不本意な形で非正規雇用に身をおいている者が多いことがうかがえます。

その一方、人材不足、特に“若者”に対する企業の渇望感は大きいようです。弊社が発行した『平成26年版パートタイマー白書』を見ても、「20代・正社員」が不足していると回答した企業は全体の56.3%、「30代・正社員」でも47.3%にも上る結果となっています。たった半分の企業と思われるかもしれませんが、「40代・正社員」の不足を感じている企業が22.0%、「50代・正社員」では8.3%であることを踏まえると、若年層に対する不足感が強いことは明らかです。

図1:正社員に対する不足感
図1:正社員に対する不足感

“正規の仕事に就きたい”非正規雇用の若者と、“若手の正社員が不足している”企業。一見、互いのニーズが合っているようにも見えますが、企業側が非正規雇用者を正社員として雇い入れるには、冒頭の質問のようにいくつかの壁があるようです。

前述の『平成26年版パートタイマー白書』を見ると、正社員で働いた経験のない者を正社員として雇い入れる場合、採用対象とする年齢の上限を設けている企業は全体の4分の3に上りました。中でも、20代までの採用を想定している企業が半数に上ります。

図2:正社員未経験者を雇い入れる場合の採用上限年齢
図2:正社員未経験者を雇い入れる場合の採用上限年齢

さらに、企業に対して20~30代の正社員を採用する際に、正社員での職業経験と非正規雇用での職業経験のどちらを重視するか聞いています。結果は、「正社員での職業経験を重視する」21.5%、「どちらかと言えば、正社員での職業経験を重視する」31.5%となり、約半数の企業が、“正社員で働いたことがある”という実績を重く見ていました。

図3:評価する職業経験(従業員規模別)
図3:評価する職業経験(従業員規模別)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
人材データを分析・可視化して人と経営の未来に活かすピープルアナ...

一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ