『アイデム』提携

就活生のキャリア意識、ワーク・ライフ・バランス重視(1/3ページ)

株式会社アイデム 人と仕事研究所 古橋孝美

2015/7/16

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

当研究所では、就職活動を行っている学生と、新卒採用を行っている企業に、定期的に調査を行っています。先日、就職活動を控える大学3年生(大学院1年生も含む)を対象に行った、「2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 2014年11月1日状況」を発表しました。調査からは、今どきの学生の意識が垣間見えると同時に、企業の実態や思惑とのギャップが浮かび上がることもしばしば。今回は、学生のキャリアについての考え方と、企業が提供できる職場環境についてのデータから、そのギャップを考えていきます。

学生が持つ価値観とは

本調査では、学生に「キャリアアンカー」について聞いています。キャリアアンカーとは、アメリカの組織心理学者エドガー・H・シャイン博士によって提唱されたキャリア理論の概念です。「自身のキャリアを選択する際に、最も大切で他に譲ることのできない価値観・欲求」のことを指します。本調査では、キャリアアンカーの下記8項目について、各5点満点で合計が25点となるように点数をつけてもらいました(それぞれ平均3点とすると全24点。25点にするには、どれか1つを4点にしなければならず、回答者が考える優先順位が自ずと表れるようにしています)。

(1)管理能力:組織の中で責任ある役割を担いたい
(2)技術的・機能的能力:自分の専門性や技術を高めたい
(3)安全性:安定的に1つの組織に属していたい
(4)創造性:クリエイティブに新しいことを生み出したい
(5)自律と独立:自分で独立したい
(6)奉仕・社会献身:仕事を通じて社会を良くしたり、他人に奉仕したい
(7)純粋な挑戦:解決困難な問題にも挑戦していきたい
(8)ワーク・ライフ・バランス:個人的な活動、家族、仕事のバランスをうまくとりたい

結果、以下のようになりました。

最も点数が高かったのは、「個人的な活動、家族、仕事のバランスをうまくとりたい」で4.2点。続いて、「自分の専門性や技術を高めたい」3.7点でした。一方、点数が低かったのは、「自分で独立したい」1.5点、「解決困難な問題にも挑戦していきたい」2.8点となっています。こうして見ると、学生は、自身を厳しい立場に置くよりも、ワーク・ライフ・バランスや社会貢献意識など周囲との調和を重視する傾向が見えてきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ