『アイデム』提携

パート・アルバイト定着の第一歩(1/1ページ)

株式会社アイデム人と仕事研究所 古橋 孝美

2014/11/14
アイデム WEBサイト
アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。
パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所
文/古橋孝美(ふるはし たかみ)●2007年、株式会社アイデム入社。求人広告の営業職として、人事・採用担当者に採用活動の提案を行う。2008年、同社人と仕事研究所に異動。「パートタイマー白書」等のアンケート調査を担当。パートタイマーを重点に置いた非正規雇用の現状や今後の課題、中小企業における雇用状況について調査を進めている。

3月から4月にかけては、生活の変化(異動・転勤・卒業など)に伴い、人が入れ替わる時期でもあります。新しいスタッフを迎え入れる企業も多いのではないでしょうか。

新しい環境に足を踏み出すときに“不安”はつきもの。それは、パート・アルバイトとして働く人々も例外ではありません。「たかがパート・アルバイト」といって適切なフォローを行わなければ、あっさり退職などということも……。そういった損失を避けるために、企業側はどのような手を打てばいいのでしょうか。

毎年発行している『パートタイマー白書』では、パート・アルバイトの雇用管理や戦力化の課題について考え、提案しています。『平成21年版パートタイマー白書』では、パート・アルバイトで働く方に対し、「現在の職場に入社した際に不安を感じたか」を聞いています。結果は、71.6%が「不安を感じた」「ある程度不安を感じた」と回答しました。

■入社時に不安を感じたか
図表 入社時に不安を感じたか

さらに、具体的にどんな不安なのかを聞くと、下記のような回答がありました。

1.「仕事に慣れることができるか」75.8%
2.「職場になじむことができるか」68.4%
3.「具体的にどのような内容の仕事をするのか」41.5%
4.「店長や正社員はいい人か」39.5%

具体的業務や職場への適応について、多くの人が不安を感じている様子がうかがえます。もしもこれらの不安が払拭されないまま業務に就いた場合、その延長から職場への不信・不満が蓄積していくであろうことは、想像に難くありません。そして、職場への不信・不満は、“退職”にもつながります。

■入社時にどのようなことを不安に感じたか(複数回答)
図表 入社時にどのようなことを不安に感じたか(複数回答)

では、企業側はそんな新人パート・アルバイトたちの不安を軽減するために、どのように対応すればいいのでしょうか。

前述の『平成21年版 パートタイマー白書』では、企業に「新規入社のパート・アルバイトが早く職場になじむために何か工夫をしているか」を聞いています。すると、「工夫をしている」という企業は42.4%に留まり、「工夫をしていない」と回答した企業が44.9%、「わからない」と回答した企業が12.7%となり、6割近い企業が特に何も行っていないという結果になりました。

■新規入社のパート・アルバイトが早く職場になじむために何か工夫しているか
図表 新規入社のパート・アルバイトが早く職場になじむために何か工夫しているか

一方、「工夫をしている」と回答した企業に対し、具体的な内容を聞くと、下記のような回答がありました。

1.「勤務中は積極的に声をかける」59.8%
2.「業務説明やオペレーションの指導など導入教育を行う」50.8%
3.「新規入社のパート・アルバイトが来ることを既存スタッフへ周知徹底しておく」44.2%
4.「休憩時間などはコミュニケーションを積極的にとる」43.9%
5.「勤務中は積極的に声をかけるように既存スタッフに意識付けをする」42.2%

■パート・アルバイトが早く職場になじむための施策の内容(複数回答)
図表 パート・アルバイトが早く職場になじむための施策の内容(複数回答)

各社とも、何か特別なイベントを催したり、手の込んだ施策を行っているわけではありません。ただ、“声かけ”や“ちょっとした配慮”など、新人パート・アルバイトに対して積極的にコミュニケーションを取ろうという姿勢を持っていることがうかがえます。人は、他人から「あなたを気にしている」「あなたに関心がある」というサインを示されると、承認欲求が満たされ肯定感や自信が生まれると言います。「新しい職場で迎え入れられた」という安心感に満たされた状態で勤務をスタートするのとそうでないのとでは、今後のモチベーションのあり方も違ってくるのではないでしょうか。

また、業務説明などの導入教育を行うことは、パート・アルバイトが挙げていた“具体的な業務への不安”を軽減することにつながります。そして、業務の進め方だけではなく、その業務の意味や役割、さらには、自社の社会での在り方・理念などについても併せて教育することで、彼らの帰属意識や愛社精神を育むことが可能です。

最近は、新規求人倍率が上昇の傾向を見せています(2013年2月:2.06倍 → 2014年2月:2.41倍)。働く側にしてみれば、企業を“選べる”状況です。また、景気回復が進めば、人材の獲得がより難しくなるでしょう。経費と労力をかけて採用したパート・アルバイトには、自社の戦力として成長してもらわなければなりません。それにはまず、入社したての新人パート・アルバイトの気持ちを理解し、スムーズに仕事・職場に溶け込める工夫を施すことが重要です。

<パート戦力化に関する取材記事は、人と仕事研究所WEBサイトで検索・閲覧できます>
TOP ⇒ コラム/取材記事 ⇒ 現場イズム検索


新卒・パート/アルバイト調査 最新記事

関連する記事

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
一般社団法人日本テレワーク協会
テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会
社会的責任を果たすための厳しい基準をクリアした技術系アウトソーシ...

ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン
米国ATDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

主催イベント

講演&交流会レポート

新年会~講演&交流会~

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演&交流会~」を2月2日に開催致しました。


『日本の人事部』ソリューションナビ
HRカンファレンス出展のご案内
HRリーグ