ツイートする

[ツール・業務ソフト・施設・他] 2012/04/18

eラーニング市場に関する調査結果 2012(矢野経済研究所)

市場調査とマーケティングの矢野経済研究所が実施した、国内のeラーニングビジネス市場の調査結果。2012年4月13日発表。BtoB、BtoCの両方について調査している。BtoBサービス市場は、eラーニング普及でユーザーが増加している一方、競争の激化で値崩れ傾向が強まっているため562億円と前年度比横ばい見込み。eラーニングビジネスを手がける企業の皆さまには必見のデータ。 (編集部)

【調査要綱】

矢野経済研究所では、次の要綱にてeラーニングビジネスについて調査を実施した。

1.調査期間:
2012年1月~3月
2.調査対象:
eラーニングシステム開発・構築・販売事業者、eラーニングコンテンツ開発・製作・販売事業者、eラーニングを介した研修や講義を提供・運営する事業者(具体的には、学習塾、語学学校、研修事業者等)、学習ソフトウェア開発・製作・販売事業者等
3.調査方法:
当社専門研究員による面接取材及び、電話・FAX・e メールによるヒアリングを併用

<eラーニング市場とは>

本調査における「eラーニング市場」とは、「ネットワークとパソコンを利用した学習形態」のみならず、携帯ゲーム機、携帯電話(スマートフォン含む)、携帯型デジタル音楽プレイヤー、学習用ソフトウェア(ゲームも含む)、衛星通信等を使用した学習形態を含めている(広義のeラーニング市場)。
本調査における「ネットワーク利用eラーニング市場」とは「インターネット・イントラネット等のネットワークとパソコンを利用した学習形態」のみの市場を指す(狭義のeラーニング市場)。

【調査結果の概要】

1.市場概況

2011年度のネットワーク・ラーニングサービス市場(B to B)、ネットワーク・ラーニングサービス市場(B to C)、ソフトウェア・ラーニング市場を合わせた国内eラーニング市場の市場規模は、前年度比5.0%減の1,044億円となる見込みである。
一方、2011年度の国内ネットワーク利用eラーニング市場の市場規模は、前年度比1.8%増の672億円と、微増で推移すると見込む。

2.注目すべき動向

eラーニング市場縮小の主な要因はゲーム機向け学習ソフトウェア市場の大幅な縮小である。同市場は2007年度をピークに、大ヒット作の不在、参入事業者減少に伴うタイトル数減等により縮小が続いており、2011年度は前年度比22.7%減の170億円となる見込みである。

一方、2011年度のネットワーク利用eラーニング市場の規模は、前年度比1.8%増の672億円の見込みで堅調に推移している。うちB to B市場は、前年度比0.4%増の562億円とほぼ横ばいだが、B to C市場は前年度比10.0%増の110億円と好調である。学習塾等での映像教育の需要増加、高速ブロードバンド環境の普及により動画コンテンツやリアルタイムレッスン等映像教育が一般家庭でも容易に受講できるようになったこと、インターネットTV電話を使って格安で語学レッスンを供給する事業者及び受講者の増加等が要因として考えられる。

注目トピックとしては、スマートフォンやタブレットPCが近年急速に普及しており、eラーニングのツールとしても期待されていることが挙げられる。携帯電話(スマートフォン含む)によるeラーニング市場は2011年度のB to B市場が12億円、B to C市場が3億8,000万円、2012年度のB to B市場が16億円、B to C市場が4億5,000万円とそれぞれ予測する。また、タブレットPCによるeラーニング市場は、2011年度のB to B市場が5億円、B to C市場が5,000万円、2012年度のB to B市場が10億円、B to C市場が7,500万円規模となるとそれぞれ予測する。これらはeラーニング全体としての市場規模はまだ小さいものの、今後の拡大が期待される。

そして近年、教室レッスンよりも極めて安い価格で、インターネットTV電話を使った英会話のライブレッスンを提供する事業者が急増していることや、企業等におけるグローバル人材育成需要の拡大に伴い、eラーニングで外国語を学ぶユーザーが増えていると見られる。

また、SNS等ソーシャルメディアを通じた学び「ソーシャル・ラーニング」の注目度が高まりつつあり、市場性は未知数だが、学習者同士のコミュニケーションによるモチベーションの維持・向上や、情報交換やクチコミによるサービスの利用促進等、様々な可能性を秘めている。

3. 将来展望

2012年度は、eラーニング市場について、ゲーム機向けソフトウェア市場の縮小が引き続き予測されるため前年度比4.2%減の1,000億円となると予測するが、ネットワーク利用eラーニング市場については、同1.8%増の684億円とわずかながら拡大が続くと予測する。

B to Bについては、eラーニングの導入が進む一方、クラウド型サービスの普及や競争の激化で客単価が下がっていることから、横ばい推移と予測する。B to Cについては、有名・有力事業者を含めて参入事業者が増え続けており、提供サービスのバリエーションが豊富になっていることや、語学ライブレッスンの提供事業者及び利用者増等から、今後更に拡大すると予測する。

表1.国内eラーニング市場規模

表2.ネットワーク利用eラーニング市場規模

図1.2011年度の分野別eラーニング市場と構成比

図2.Eラーニング市場規模推移

※出典:株式会社 矢野経済研究所/2012年4月13日発表・「eラーニング市場に関する調査結果 2012」
(本ページは、『HRプラザ』編集部が、上記調査結果の一部を抜粋して作成しました)
ツイートする

HR業界団体情報

HR業界の代表的な業界団体をご紹介いたします。
ASTDグローバルネットワークジャパン
米国ASTDの活動に賛同しているパートナー。2007年設立。日本において...

公益社団法人 全国求人情報協会
求人情報媒体が読者の職業の選択と安定した職業生活に役立つことなど...

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
厚生労働大臣の許可を受けてホワイトカラーを中心とした職業紹介を行...

一般社団法人 日本人材派遣協会
労働者派遣法の趣旨に則り、労働者派遣事業の適正な運営を図るため...

日本人材マネジメント協会
「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が...

一般社団法人 日本生産技能労務協会
製造業などにおける労働者の就業の安定労務管理の安全を図り...

HR業界団体情報一覧

データベースサービス

データベースサービス

日本の人事部『プロフェッショナル・ネットワーク』会員なら、「帝国データバンク」「東京商工リサーチ」の企業情報など多数のサービスを年会費無料で利用可能。


主催イベント

講演会&交流会レポート

新年会~講演会&交流会~ レポート

人事サービス業(人材サービス、研修・教育、人事BPOサービスなど)に携わる皆さまを対象とした「新年会~講演会&交流会~」を1月17日に開催致しました。


『日本の人事部』情報掲載サービス
HR人材紹介